研究開発だけではない、理系が活躍できる&求められているメーカーの仕事

理系として培ってきた専門知識を活かして「研究開発職」になりたいと考える理系学生は多いだろう。研究開発職がメーカーの企業戦略において重要なポジションであることは疑いない。 しかし、研究開発職以外でも理系の専門性や素養を活かすことができる仕事は数多くある。企業としても、そういったポジションにおいて理系人材を強く求めており、活躍のフィールドは少なくないのだ。 このページでは「理系が活躍できるメーカーの仕事」を紹介する。「どんな仕事が自分にマッチするか」視野を広く持ってものづくりへの関わり方を考えてみてはどうだろうか。


研究開発

研究開発は大きく「基礎研究」と「応用研究」に分けられる。 「基礎研究」では、5~10年先の革新的な技術開発に取り組むことで、ビジネスの種を生み出すことが目的となり、企業によっては大学などと連携する産学協同プロジェクトも少なくない。 「応用研究」は基礎研究の成果を活用したり、従来の製品の品質・性能の向上を目指したりすることで、具体的な製品を生み出すことがミッションとなる。

設計・開発エンジニア

機械、電気電子回路といった製品の設計開発を手掛けるものづくりエンジニア。 製品の企画やデザインを元に、CADを使って設計図面を作成する。材料工学、熱力学、流体力学、制御工学といった広範囲な知識が必要となる。 プロトタイプ(試作品)を作成し、十分な性能を備えていなければ何度も検証を重ねるなど、論理的思考力を活かしつつ、ゴールに向けて地道にアプローチしていくことが求められる。

生産管理

生産管理のミッションは「要求される品質の製品を、要求される時期に、要求量だけを、効率的に生産する」こと。 具体的には、生産計画の立案、工程割付・人員管理、製品出荷・在庫管理などが挙げられる。 コスト、納期、安定供給といった要望に応えながら、最適な生産体制を整えることが求められる。海外に生産拠点を持つ企業も多くなってきた昨今、海外勤務や出張が多い場合もある。

品質管理

高品質の製品を、より高効率に生み出せる生産体制を作り出していくことが品質管理のミッションだ。 メーカーにおいて「歩留まり(不良品でない製品の比率)向上」は至上命題。 素材の性質、作業の流れ、生産設備、気温といった様々な要因から不良品が発生した原因を追及・分析することで、歩留まり向上を目指す。 不良品の発生要因は多岐にわたるため、研究開発、設計、生産現場といった各部門の担当者らと連携しながら品質向上を追求していくことが求められる。

プラントエンジニア

化学、医薬品、食品、石油精製、発電、製紙、水処理・・・様々なプラント(生産設備)の設計・保守を手掛けるプラントエンジニア。 プラントエンジニアは、ユーザー側、もしくはエンジリアリングメーカー側で働くか大きく二つに分けられる。 ユーザー側は自社のプラントの設計・保守を担い、中長期的な視点で自社の生産性向上につなげることが求められ、エンジニアリングメーカー側では主に、ユーザー側から依頼を受けてプラントの新規立ち上げなどを手掛けていくことになる。

技術系営業職

メーカーにおける営業系職種は、技術営業やフィールドエンジニア、サポートエンジニアなど、企業によって仕事の役割や呼ばれ方には幅がある。 営業というと、「目標」「ノルマ」といったイメージを持つ方もいるかもしれないが、技術系営業に関しては必ずしもそうではないケースも少なくない。 営業の技術的なサポートや顧客のアフターケア、製品のメンテナンスなどがメインミッションとなる場合もある。営業職にも理系人材を求めているメーカーは多いので、人と接することが好きな方はチェックしてみてはどうだろう。

知的財産・法務部門

最近注目が高まっているのが「知財」に関わる知的財産・法務部門。知的財産部門のミッションは、企業における“特許権の適切な管理”であり、企業戦略上極めて重要な仕事といえる。 具体的な業務としては、自社特許技術の適切なライセンス管理や、自社製品が他社の特許を侵害していないかの事前調査などがある。また、知財のスペシャリストである国家資格「弁理士」の取得を目指す学生も増えている。

マーケティング・商品企画

消費者のニーズを汲み取り、新しい商品やサービスを考える「商品企画」、マーケティングリサーチ(市場調査)やセールスプロモーション戦略を担当する「マーケティング」。 いずれも深い関わりがあり、双方を兼任する企業もある。深い商品理解に加え、調査・分析、マーケティングなど幅広いスキルが求められるポジションのため、新卒でコース別採用をしている企業は少なく、様々な職種で経験を積んだ人材が配属されることが多い。