東京海上日動あんしん生命保険株式会社

東京海上グループの中核を担う若き生命保険会社

「おかしいな、人間が生命保険にあわせている。」このメッセージを掲げ、1996年に東京海上グループの新しい生命保険会社として誕生した東京海上日動あんしん生命保険株式会社。開業以来、「お客様本位の生命保険 ...
「おかしいな、人間が生命保険にあわせている。」このメッセージを掲げ、1996年に東京海上グループの新しい生命保険会社として誕生した東京海上日動あんしん生命保険株式会社。開業以来、「お客様本位の生命保険事業」に徹底的にこだわり、革新的な商品・サービスを次々と開発し、生命保険業界の常識に挑戦してきた。当社が目指すのは、「日本を代表する生命保険会社」。これからも東京海上グループの一員として、生損保一体となってお客様に“あんしん”と安全を届け続ける。

1996年設立し、“若い” 生命保険会社である。それゆえ、あらゆる部門で若手社員にも様々な活躍の機会があり、個々の働きが会社の発展と成長に直結するという実感を得られる環境がある。理系出身者についても多岐にわたるキャリアフィールドが広がっており、数理的素養を活かして商品開発、決算、収益性評価、リスク管理の分野で活躍できる『アクチュアリー』を筆頭に、生命保険の引き受け査定分野で医学・薬学の知識を活かせる『アンダーライター』、新しいビジネスプロセスを構築する『IT』等など、理系の素養を活かせる様々な仕事がある。また、業務上で損害保険分野との連携もあるため、保険について幅広い経験ができることも魅力といえるだろう。理系として自身の経験や知識を、生損保にわたる幅広いフィールドで発揮してみてはいかがだろう。

詳細を読む

先輩インタビュー

渡邉岳史

わたなべ・たけし

企画部・商品数理グループ

人生におけるリスクへの不安に寄り添い、
数字を扱う専門職として技術力を発揮する

あんしん生命に入社を決めた理由を教えてください
前職ではアクチュアリーとして、国内外の保険会社向け再保険を取り扱う会社で保険料の算出などを担当していました。再保険は、保険会社がリスクを分散するために契約する保険という性質上、100億円を超える高額商品を取り扱うこともあり、やりがいを感じていましたが、「これまで想定していなかった新たなリスクを見出して保険商品を設計したい」と考えるようになったのが転職のきっかけです。
起こりうるリスクが多岐にわたり、商品を設計するアクチュアリーの重要性が高いと感じた生保業界を希望し、その中でも商品ラインナップが豊富なあんしん生命に魅力を感じました。一定の年齢までに使わなかった保険料が「健康還付給付金」として戻ってくる「メディカルKit R」など、お客様のメリットと保険会社にとってのリスクを丁寧に計算することで新たな需要に応える商品を積極的に打ち出しているあんしん生命の姿勢に好感を持ち、さらにアクチュアリーとして腰を据えて活躍できそうな環境もあると感じました。
生命保険商品の設計をする際に意識していることはありますか
実際に働き始めて生命保険の商品設計パターンが想像以上に多いことを実感しました。例えば、死亡リスクに対応する商品は性別や年齢、健康状態など様々な条件を考えながら、商品を設計する必要があります。あらゆるお客様が公平になるよう、そしてすべてのお客様のニーズにしっかりと応えながら会社としての健全性も保てる商品を設計しなければなりません。アクチュアリーとしてのやりがいは大きいですが、責任も重大です。
あんしん生命が創業以来、大切にしている軸は「お客様本位で革新的な生命保険事業」ですので、何か判断に迷うときや悩んだときは原点に立ち返ることを意識しています。そのようなお客様目線を象徴しているのが、会社として掲げている「生存保障革命」です。病気や怪我で働けなくなった場合のリスクに対応する「就業不能」という保障分野に、あんしん生命は業界でも早くから取り組んできました。
商品設計はどのように進められるのでしょうか
商品設計はコンセプトを考えるチームとの共同作業です。そのコンセプトを実現させるため、ベストな解決策を半年から1年かけて一つ一つ分析し、組み立てていきます。商品設計上はよい商品だろうと思えても、内容が複雑すぎて、お客様が保険を利用する際に理解しにくいと思うものは商品化を断念することもあります。しかし、そういった試行錯誤を重ねることで、時代のニーズに応える良い商品が生まれていくのです。まさにその原点を担うのが私たちアクチュアリーですから、やりがいは大きいですよ。
仕事の醍醐味を教えてください
試行錯誤の末に誕生した新商品を販売するにためには監督官庁の認可を取得しなければなりません。この認可取得も私たちアクチュアリーの大切な仕事です。社内に対する商品説明であれば、前提条件を共有できていますが、金融庁の担当者に対しては、複雑な計算式をわかりやすく伝えるための資料作りには工夫が必要です。また、先方から出てきた疑問にも丁寧に対応しなければなりません。これは社内の多くの部署が協力しあい、長い時間をかけて開発した商品を無事に世の中へ送り出すための大切なプロセス。最終的に大勢のお客様のもとへ会社の想いを込めた商品が届くので、その大きな責任をかみしめつつ仕事に取り組んでいます。また、万が一の時にお客様をしっかりお守りする責任を果たすため、お預かりした保険料を適切に運用して健全性を保つのもアクチュアリーの職務です。
「人生で起こりうるリスクへの不安」に寄り添いながら、数字を扱う専門職として技術力を発揮する。それが、生保業界ならではのアクチュアリーの醍醐味といえるでしょう。