金融庁(Financial Services Agency)

日本の課題を分析して政策を立案。
日本の未来を金融でデザインする。

“金融”は身体をめぐる血液のようなものであり、資金の適切な供給が国民生活の向上には不可欠だ。その血液を全身に送り出す“心臓”の役割を果たしているのが金融庁といえるだろう。同庁が手掛けている「金融システ ...
“金融”は身体をめぐる血液のようなものであり、資金の適切な供給が国民生活の向上には不可欠だ。その血液を全身に送り出す“心臓”の役割を果たしているのが金融庁といえるだろう。同庁が手掛けている「金融システムの設計・運用」は、金融の機能を充分に発揮させて経済の安定化・活性化を図る、すなわち、日本経済のかたちを創り上げていく仕事なのだ。金融を取り巻く環境が激変している昨今において金融庁は、「金融システムの安定/金融仲介機能の発揮」、「利用者保護/利便」、「市場の公正性・透明性/活性化」それぞれの実現を追求し、企業・経済の持続的成長と安定的な資産形成等による国民厚生の増大を目指した金融行政に取り組んでいる。

技術革新を背景に金融とITの融合が進み、FinTechによって新たな金融サービスが次々と生まれている昨今、金融領域における理工系人材の活躍のフィールドは日々広がり続けている。金融庁においても、理工系出身の職員がチームの中心となって法律を改正したり、留学して経済学の博士号を取得したりするなど、様々なフィールドで成長し、金融行政の第一線で活躍することが可能だ。

金融庁のインターンシップでは、政策担当職員による講義やグループワーク、座談会を通じて、金融行政の全体像や個別施策を深く学べるプログラムを実施予定。理工系のバックグラウンドを活かして「日本の未来を金融でデザインする」仕事の醍醐味を知ってほしい。

詳細を読む

社名
金融庁(Financial Services Agency)
設立日
2000年
事業内容
金融制度の企画立案・金融モニタリング・金融外交 等
代表者
内閣府特命担当大臣(金融)麻生 太郎
従業員数
約1,600人
本社所在地
中央合同庁舎第7号館
〒100-8967 東京都千代田区霞が関3-2-1
事業所
金融庁(東京都千代田区霞が関)
理系が活躍している部門・職種
行政官として、特定の分野に縛られることはなく、幅広くキャリアを積むことができます。
URL
https://www.fsa.go.jp/