三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社

クオンツとテクノロジー、金融の最前線で求められる理系の素養

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、日本を代表する総合金融グループ「三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFGグループ)」の中核総合証券会社であり、三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行などMUFGグ ...
三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、日本を代表する総合金融グループ「三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFGグループ)」の中核総合証券会社であり、三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行などMUFGグループ各社と協働して、お客さまの多様な金融ニーズに対し、多角的で質の高い総合金融サービスを提供している。

同社のインターンシップは、金融専門職を体験できる2コース(クオンツ、テクノロジー)を用意。デリバティブビジネスの要とも言える金融専門職、“クオンツ”。そのクオンツコースは、デリバティブの時価評価モデル開発やリスク分析に関連する具体的な課題に取り組むプログラムとなっている。金融業界の最先端で活用されているトレーディングシステムの開発・運用を担う“テクノロジー”を体験できるコースでは、実際のシステム課題やR&D業務に触れることで、先端テクノロジーを駆使したフロントシステム開発の躍動感や、マーケットデータ分析業務の奥深さを体験できるはずだ。

いずれのコースも講義と課題の二軸で、業務理解を深めるだけでなく、理系の論理力や分析力などがいかにして金融ビジネスで活きるかを体感できるプログラムとなっている。様々な専攻の学生に、金融業界における理系の活躍のフィールドを知ってほしい。

詳細を読む

募集職種/部門
◯クオンツコース
クオンツコースでは、デリバティブの時価評価モデル開発やリスク分析に関連する具体的な課題を通してクオンツ実務を体験していただき、ご自身の研究で培われた論理力・分析力を発揮できる場が金融の世界にもあることを実感していただきます。

◯テクノロジーコース
テクノロジーコースでは、トレーディング業務で実際に使用されているシステムに関わる課題やR&Dの一端に取り組んでいただき、先端テクノロジーを駆使したフロントシステム開発の躍動感、マーケットデータ分析業務の奥深さを体験していただきます。
プログラム内容
【講義】
金融工学の基礎的な講義を行い、各業務の内容を説明いたします。

【課題】下記のようなテーマに取り組み、その成果を社員に対してプレゼンテーションしていただきます。
◯クオンツコース課題例
・デリバティブの時価評価モデルの高度化策を提案
・デリバティブのリスク量の分析

◯テクノロジーコース課題例
・デリバティブ評価システム開発体験
・執行アルゴリズムのロジック考案とパフォーマンス分析
・マーケットデータとデータサイエンス技術を利用した分析

※プログラムは事前の連絡無く変更となる可能性があります。
待遇
・報酬は支給いたしません。
・交通費は「関東圏外からお越しの方」のみ実費支給します。
・宿泊が必要な参加者には、宿泊施設をご用意いたします。
・昼食は弊社にてご用意いたします。
実施場所
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 本社
〒100-8127 東京都千代田区大手町1-9-2
大手町フィナンシャルシティ グランキューブ
実施期間
[1]2020年2月3日(月)~2月7日(金)
[2]2020年2月17日(月)~2月21日(金)
[3]2020年3月2日(月)~3月6日(金)
※各回とも8:40~17:10(休憩1時間)× 5日間
応募資格
大学院修士課程または博士課程に在籍する学生の方
※全専攻対象。金融に関する知識は問いません。
募集人数
各回とも若干名
選考プロセス
書類選考と面接により参加者の選考を行います。
書類選考の結果、面接に進んでいただく方には個別にご案内申し上げます。
※面接は東京にて実施予定ですが、遠隔地の方とは電話面接となることがあります。
お問い合わせ
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 インターンシップ事務局
TEL:0120-606-577(平日10:00~18:00)
MAIL:recruit_bureau@shinsotsusaiyo.jp
応募方法
下記[詳細を見る]ボタンからマイページに進み、エントリーシートを提出してご応募ください。
応募締切
第1次締切:2019年12月2日(月)10:00
第2次締切:2020年1月6日(月)10:00