イベント
キャリアスクール

金融領域におけるリスク管理 実践グループワーク

エントリーする

理系の高度な確率・統計、金融工学の知識を駆使してマーケットのリスク管理に挑戦

2019年9月6日(金)17:00~20:00 ※受付開始 16:40~

株式会社日本取引所グループ 本社(東京都中央区)

[協力]株式会社日本取引所グループ(東京証券取引所、大阪取引所、日本証券クリアリング機構等の運営会社)

【このセミナーの注目ポイント】
・理系の高度な確率・統計、金融工学などの知識を活かして活躍できる仕事を知る
・取引所の実業務のひとつである証拠金計算のグループワークに挑戦
・参加にあたって専門的な金融知識は不要

◇◆ 理系の高度な数理能力を駆使して、マーケットのリスク管理に挑戦 ◆◇

金融業界の様々なポジションで活躍している理系人材。確率・統計、金融工学といった高度な数理能力を駆使して、金融商品の開発やマーケットのリスク管理といったミッションに向き合っています。

このセミナーでは、金融取引所である日本取引所グループの中で、先物・オプション取引、金利スワップ取引やCDS取引などの金融取引におけるリスク管理を担当している日本証券クリアリング機構(JSCC)を講師に招き、マーケットにおけるリスク管理の手法、制度や管理体制などの枠組みについて解説します。

リスク管理とは、マーケットにおけるリスク特定・分析・評価といった金融取引におけるプロセス全体を指します。金融取引においてどのようなリスクが存在し、それらをいかにして把握し、管理していくか――各プロセスにおいて求められるのは、金融商品の価値を計算するための金融工学の知識に加えて、測度論的確率論、マリアバン解析、時系列解析、多変量解析、極値理論といった確率・統計の知識なのです。

これまで皆さんが学習した知識がいかにして金融領域で活用できるのか――身をもって体感していただくため、当日は参加者の皆さんに、金融取引において適切な証拠金を計算するためのロジック構築に取り組む「証拠金計算ゲーム」に挑んでいただきます。講師の指導の下、金融ビジネスの現場で求められる知識とその活用手法を体感してください。

「課題が少し難しそう」と思われた方もいるかもしれませんが、専門的な金融知識や前述した金融工学や確率・統計すべての領域をマスターしている必要はありません。自身の数理能力をマーケットを通じて社会に還元する――そんな仕事に関心をお持ちの方からの参加をお待ちしています。

【証拠金について】
証拠金とは、先物・オプション取引等の損失をカバーするために清算機関(JSCC等)に差し入れる担保金のこと。JSCCは、先物・オプション取引等における証拠金の計算から預託・管理にいたるまでを一貫して行っており、リスクに応じた適切な証拠金額の算出が求められる。

▼協力企業が講師を務める他のセミナーはこちら▼
●金融領域で活用される最先端ICT 研究セミナー≪金融業界編≫(9/5)

場所
株式会社日本取引所グループ 本社(東京都中央区)
東京都中央区日本橋兜町2番1号
開催日程
2019年9月6日(金)17:00~20:00 ※受付開始 16:40~
対象者
・確率・統計を専攻されている方歓迎
・金融工学を専攻されている方歓迎
※金融の専門知識は不問
募集人数
25名程度
※応募者が多数の場合は抽選となります。
プログラム内容
・取引所のリスクマネジメントの取り組み
・証拠金計算ゲーム
協賛/協力
株式会社日本取引所グループ(東京証券取引所、大阪取引所、日本証券クリアリング機構等の運営会社)
応募方法
エントリー後、ご登録のメールアドレスにエントリー完了メールが届きます。
      ▼
締切後に抽選を行います。当選された方には当日の詳細を記載したメールをお送りしますので、詳細を確認の上、セミナーにご参加ください。

※理系ナビ マイページ内でもエントリーしたセミナーの状況を確認できます。
応募締切
2019年9月2日(月)10:00