防衛省

安全保障という「究極のインフラ」を整備する

防衛省・自衛隊は、我が国の平和と独立、安全を守り抜く最後の砦だ。他の誰にも担うことができないその任務の中には、工学分野の専門性を活かして防衛行政に携わる職員、「防衛技官」がいる。防衛技官は、自衛隊の飛 ...
防衛省・自衛隊は、我が国の平和と独立、安全を守り抜く最後の砦だ。他の誰にも担うことができないその任務の中には、工学分野の専門性を活かして防衛行政に携わる職員、「防衛技官」がいる。防衛技官は、自衛隊の飛行場・港湾・駐屯地といった「防衛施設」の整備や、戦車・護衛艦・戦闘機といった「防衛装備品」の取得、関連する政策立案を任務とし、全国の自衛隊の活動を支えている。

防衛施設の建設は、関係法令を遵守しつつ、予算の中で自衛隊の要望に応えることはもちろん、地域の理解も不可欠だ。困難なプロジェクトも少なくないが、担当工事が完成し、自衛隊が運用しているのを目の当たりにした時の達成感は格別だ。防衛装備品の取得においては、IE(インダストリアルエンジニアリング)活用など新たなアプローチや、装備品取得の効率化推進が期待されている。同時に、長期的な防衛産業・技術基盤の維持・強化も必須であり、製造現場のコスト削減から本社レベルの意思決定に至るまで必要となる知識は幅広い。飽くなき好奇心と鋭い感性が求められる仕事といえるだろう。

安全保障環境が厳しさを増し、自衛隊の重要性が増す中、防衛技官は自らの技術力を駆使して現場経験を積み、その経験を活かして本省で政策決定を行っていくことが期待されている。安全保障という「究極のインフラ」を整備する。この唯一無二のフィールドで理系の力を活かしてほしい。

詳細を読む

社名
防衛省
設立日
1954年
事業内容
国家存立の根幹である「安全保障」が防衛省のフィールドです。
事務官や技官は、大臣官房と4つの局で構成される防衛省本省の内部部局に加えて、防衛装備品に関する政策を行う防衛装備庁や、自衛隊の運用を担う統合幕僚監部など、幅広いフィールドで活躍しており、安全保障・防衛政策の企画立案を担っています。
代表者
防衛大臣 岩屋 毅
従業員数
事務官等約2万1千人(定員)
本社所在地
〒162-8801 東京都新宿区市谷本村町5-1
事業所
防衛省本省:東京
地方防衛局、駐屯地等:全国
理系が活躍している部門・職種
【総合職(技術系)】
●施設系職種
施設系は、自衛隊施設や在日米軍施設の安定的な使用を確保するため、防衛施設に関する政策の企画・立案を担う職種です。

[具体的な取組み]
「南西地域の島嶼部における部隊配備に伴う駐屯地整備」、「米軍再編事業に係る施設整備」、「災害拠点となる駐屯地・基地などの機能維持及び強化」など

[活躍できる専攻]
土木系、建築系、機械系、電気電子系、情報系、通信系など


●装備系職種
装備系は、装備品の高度化、防衛産業の現状、国際社会などの様々な事象を総合的に捉え、防衛装備品に関する政策の企画・立案を担う職種です。

[具体的な取組み]
「防衛装備品のプロジェクト管理」、「諸外国との防衛装備・技術協力」、「防衛生産・技術基盤の維持・強化」など

[活躍できる専攻]
機械系、航空宇宙系、電気電子系、情報系、通信系など
URL
http://www.mod.go.jp/index.html