株式会社東京大学TLO

東大発・最先端技術の
マーケティング体験インターンシップ

【事業内容】
大学技術移転業。技術移転とは、研究者の発明を企業に紹介・ライセンスし、新しい製品や産業を生み出すための取り組みです。当社は東京大学のTLO(技術移転機関)。新たな発明を探したり、その発明 ...
【事業内容】
大学技術移転業。技術移転とは、研究者の発明を企業に紹介・ライセンスし、新しい製品や産業を生み出すための取り組みです。当社は東京大学のTLO(技術移転機関)。新たな発明を探したり、その発明について研究者や企業の方にヒアリングを行い、製品化方法についてのマーケティング調査を実施。さらに、企業の方への製品化に向けた提案、ライセンス条件の交渉、ライセンス契約の締結までを行います。

【ビジョン】
世界最先端の研究を、眠らせておくわけにはいかない。私たち東京大学TLOは、東京大学から生まれた発明を企業に移転し事業化していただく、産業と学問の仲介役。事業化により生み出された収益の一部を東京大学・研究者に還元することで、新たな研究資金を生み出し、大学研究のさらなる活性化につなげています。いわば、「発明のプロデューサー」です。日本には、世界に誇れる最先端の研究技術がある。けれど、これまではなかなか事業化に結びつけることができませんでした。発明と企業とを結びつけ、世の中に新しい産業を生み出していく。それが私たちの使命です。

【インターンシップ】
東大発・最先端技術のマーケティング体験プログラムです。実際の東京大学の発明を題材とし、発明の内容を理解し、それがどんな製品やサービスになりうるかを考え、企業への紹介を想定したプレゼンテーションをしていただきます。出社日は3日。出社日以外は、社外での自由な情報収集やアイデア発想、プレゼン資料の作成などにあてていただきますので、サークル・アルバイト・研究等との両立をして頂きやすいと思います。大切なのは、まだ世に出ていない発明にワクワクを感じる好奇心、周囲に働きかけて積極的に情報収集する行動力です。

詳細を読む

社名
株式会社東京大学TLO
設立日
1998年8月3日
株式公開
未上場

事業内容
大学技術移転業。技術移転とは、研究者の発明を企業に紹介・ライセンスし、新しい製品や産業を生み出すための取り組みです。当社は、東京大学のTLO(技術移転機関)。
東京大学の新たな発明を探したり、その発明について研究者や企業の方にヒアリングを行い、製品化方法についてのマーケティング調査を実施。さらに、企業の方への製品化に向けた提案、ライセンス条件の交渉、ライセンス契約の締結までを行います。
代表者
代表取締役社長 山本 貴史
従業員数
41人
平均年齢
・正社員のみ(管理職を除く):31歳
・正社員のみ(管理職を含む):35歳
・全従業員(正社員+パートタイマー):38歳
本社所在地
東京都文京区本郷7-3-1 産学連携プラザ3階
事業所
本社
東京都文京区本郷7-3-1 産学連携プラザ3階
資本金
2,000万円
売上高
4億5500万円(2018年3月実績)
関連会社
国立大学法人東京大学(当社の100%株主)
企業の特色
大学から生まれる最先端技術の製品化に向けて企業に営業活動をするという非常に稀な事業である。
ビジョン
未来の理想像
・発明から生まれる製品の数を継続的に増やしていくこと
・大学技術移転のフィールドの中での事業範囲を広げてゆくこと
(例えば、企業と東京大学研究室との共同研究の仲介等)
社風
最先端の発明をよりはやく製品化し、より良い世の中にしていくには、個人ひとりひとりの働きがとても重要となってきます。しかし、ひとりで背負いこむのではありません。チームの仲間・マネージャーと話し合い、アドバイスをもらいながら進めていきます。そのため、オープンでフラット、コミュニケーションが活発な会社です。
最先端の発明をよりはやく製品化するために、会社内の決定がはやいのも特徴です。
企業理念
産業界との連携による、東京大学の知の社会への還元
理系が活躍している部門・職種
ライセンスアソシエイト
(最先端の発明をどう実用化につなげるかを考え、企業への紹介活動を行う「発明のプロデューサー」)
URL
https://todaitlo.com/