日本アイ・ビー・エム株式会社

Be essential. Be an IBMer.

詳細を読む

お客様や社会から最も必要とされる"essential"な存在となるべく、困難な社会課題の解決にテクノロジーから貢献しているIBM。創立以来6名のノーベル賞受賞者を輩出し、24年連続で米国特許取得数1位を獲得するなど、確かな実績に裏付けられた世界有数のリーディング・カンパニーとしてIT業界を牽引してきた。そのビジネスフィールドは広く、小売から金融、スポーツ、宇宙産業にいたるまで、あらゆる領域で世界を変えるイノベーションを次々に起こしている。また、Forbes社『世界で最も価値あるブランド』ランキングで常にトップ10入りするなど、グローバルマーケットにおける同社の存在感は極めて大きいといえるだろう。

そのIBMのイノベーションの原動力は多様性だ。同社はダイバーシティー推進を経営戦略における主軸の一つと捉え、年齢や人種、思想、性的指向、障害の有無などに関わらず自らキャリアを築いていける環境の整備に余念がない。世界中で蓄積した技術やノウハウを結集し、企業変革を支援するだけでなく、様々な社会課題に立ち向かうことでより良い世界をつくることをミッションとして掲げているIBM。常識を覆すテクノロジーとビジネスの新たな時代を、共に切り拓いていける仲間『IBMer』を同社は待っている。

《日本アイ・ビー・エムで活躍している理系女性インタビューはこちら》
社名
日本アイ・ビー・エム株式会社
設立日
1937年6月17日
事業内容
IBMは世の中の困難な課題をITを使って解決しています。高齢者の支援、最適な教育プランの提案、さらには難病の治療まで、IBMはさまざまな分野で貢献しています。金融、製造などの民間企業から、病院、学校といった公的機関に至るまで、変革を求めるすべての組織が、IBMのお客様です。人工知能やブロックチェーンなどの新しいIT への注目が高まる今、私たちは、IBM Watsonを中核とするコグニティブ・ソリューション、それを支えるクラウド・プラットフォームや高性能な製品群、そしてコンサルティングをはじめとする包括的なITサービスによって、お客様の成功を力強く支援しています。
代表者
代表取締役社長執行役員 エリー・キーナン(Elly Keinan)
本社所在地
東京都中央区日本橋箱崎町19-21
事業所
事業所:77カ所
天城ホームステッド:1カ所
研究・開発:本社内、新川崎オフィス内
(2017年4月1日現在)
資本金
1,053億円(2017年4月1日)
売上高
8,875億円(2017年4月1日)
社風
「ダイバーシティ(多様性)」が尊重されています。IBMは、性別・国籍・人種・障がいの有無等の多様性を尊重し認め合うことが、様々な価値観を理解し、多様なアイデアを生み出すために不可欠だと考えています。日経WOMAN誌「女性が活躍する会社Best100」で2011年から3年連続で第1位に選ばれました。また、社員が生き生きと働ける環境作りに取組んでいます。
理系が活躍している部門・職種
ITスペシャリストはじめ、コンサルタント、営業、データ・サイエンティスト、デザイナー、研究員(東京基礎研究所)、製品開発エンジニア、カストマー・サービス・エンジニア、ファシリティー・サービス・エンジニア等、多くの職種で活躍しています
URL
https://www.ibm.com/jp-ja/