特定非営利活動法人喜界島サンゴ礁科学研究所

日本唯一のサンゴ礁研究に特化した研究所で
サンゴ礁科学の最先端情報を発信

【事業内容】
喜界島サンゴ礁科学研究所は、世界でも稀少な隆起サンゴ礁で形成された喜界島にある日本で唯一のサンゴ礁研究に特化した研究所です。国内外のサンゴ礁研究者により2014年に設立され、国際的な研究 ...
【事業内容】
喜界島サンゴ礁科学研究所は、世界でも稀少な隆起サンゴ礁で形成された喜界島にある日本で唯一のサンゴ礁研究に特化した研究所です。国内外のサンゴ礁研究者により2014年に設立され、国際的な研究拠点として、喜界島をはじめ、世界中のサンゴ礁に関する研究や調査をおこなっています。また、地域に根差したサンゴ礁保全活動や海洋教育、全国の小学生~大学院生、社会人を対象にサンゴ礁科学の最先端を伝えるイベントや教育活動を行っています。近年では、島留学プログラムやオンライン授業を喜界島から発信し、全国のこどもたちと一緒にサンゴ礁の研究をおこなう「サンゴ塾」を開講しています。

【ビジョン/企業理念】
喜界島サンゴ礁科学研究所は「100年後に残す」を理念としています。国際的なサンゴ礁研究拠点として、地球規模での気候変動解析と未来予測のために必須である一次記録を次世代に残すための事業を展開しています。さらに、次世代のグローバルリーダーを育て、将来の自然科学の持続可能な発展を目指します。そして、研究者・科学を振興する市民に科学教育および普及の場を提供し、サンゴ礁と社会を結ぶプラットフォームとしての役割を目指しています。

【インターンシップ】
KIKAIカレッジのインターンシッププログラムでは、将来、国際的に研究や環境教育、地域における活動を牽引していく人材を育成するためのプログラムを提供しています。実際に研究活動に参加したり、喜界島とオンラインで小中高校生向けに実施している教育プログラムの研究のサポートや教材作り、喜界島での科学や環境保全の普及イベントの実施をおこないます。将来、研究者になりたいと考えている方、サイエンスコミュニケーションや地域づくりに興味のある方、こうした活動を価値のある形でPRをすることに関心がある方を募集します。喜界島での活動モデルを海外のサンゴ礁地域に展開する予定ですので、国際性のある方も歓迎します。

詳細を読む

社名
特定非営利活動法人喜界島サンゴ礁科学研究所
設立日
2015年10月30日
事業内容
喜界島サンゴ礁科学研究所は、世界でも稀少な隆起サンゴ礁で形成された喜界島にある日本で唯一のサンゴ礁研究に特化した研究所です。国内外のサンゴ礁研究者により2014年に設立され、国際的な研究拠点として、喜界島をはじめ、世界中のサンゴ礁に関する研究や調査をおこなっています。また、地域に根差したサンゴ礁保全活動や海洋教育、全国の小学生〜大学院生、社会人を対象にサンゴ礁科学の最先端を伝えるイベントや教育活動を行っています。
代表者
理事長 渡邊 剛
本社所在地
〒891-6151 鹿児島県大島郡喜界町大字塩道1508
企業理念
「100年後に残す」を理念とし、”喜界島から世界へ発信する”、”次世代のグローバルリーダーを育てる”、”サンゴ礁と社会を結ぶプラットフォームになる”の3つを目指して事業を展開しています。
理系が活躍している部門・職種
研究部門・教育部門
URL
https://kikaireefs.org/