株式会社ALBERT

分析力を武器に時代をリードする! 多様な産業のデータ分析を体験

【事業内容】
ビッグデータアナリティクス領域においてデータソリューション事業を展開しています。コアとなるアナリティクステクノロジーを用いた「AI活用コンサルティング」「ビッグデータ分析」「AIアルゴリ ...
【事業内容】
ビッグデータアナリティクス領域においてデータソリューション事業を展開しています。コアとなるアナリティクステクノロジーを用いた「AI活用コンサルティング」「ビッグデータ分析」「AIアルゴリズム構築とシステム開発・運用」「AIを用いた独自プロダクトの提供」等を通じて、より良い社会の実現を目指しております。また、これまでに培ったノウハウを元に「データサイエンティストの育成支援」を行なうことで、データ活用のプロフェッショナル人材の育成に貢献します。

【会社風土】
AI・ディープラーニング技術とその特性を理解した様々な分野のデータサイエンティストが多数在籍しています。毎週アナリストやエンジニアの勉強会を実施するなど、部署内での技術向上を目的とした勉強会はもちろん、部署を横断しての情報共有会なども盛んに行なわれており、最新技術のキャッチアップの為にも積極的に勉強会に参加する社員が多いです。また、上長承認により業務時間内での勉強会の開催及び参加が認められており、勉強会には業務の一環としての側面もあります。1人ひとりが学び、育てる文化が根付いています。

【インターンシップ】
ALBERTではデータサイエンティストを「ビジネス力・データサイエンス力・エンジニアリング力を用いることでビジネスの課題解決まで実現するプロフェッショナル」と定義しています。インターンシップでは、ALBERTが誇る現役データアナリスト指導の下、アシスタントとして、実データを用いた実務に近い形式でデータ分析に取り組んでいただきます。ビジネスにおけるデータサイエンスのかかわり方や業務に必要なスキル、やりがい等、研究室では知ることが難しい、教科書には載っていないデータビジネスの最前線を実際に体験いただけます。

詳細を読む

社名
株式会社ALBERT
設立日
2005年7月1日
株式公開
3906(東証マザーズ)
事業内容
【データソリューション事業】
・AI活用コンサルティング
・ビッグデータ分析
・AIアルゴリズム構築とシステム開発・運用
・AIを用いた独自プロダクトの提供
・データサイエンティストの育成支援
代表者
代表取締役社長 松本 壮志
従業員数
198名(2019年6月末時点)
平均年齢
32歳
本社所在地
〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー15F
事業所
本社:〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー15F
東海支社:〒451-6008 愛知県名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー8F
資本金
300,000千円
売上高
16億3,000万円(2018年12月期)
主要取引先
トヨタ自動車、東京海上日動火災保険、KDDI、SMBCフィナンシャルグループ 等
企業の特色
自動車・製造・金融・通信・流通などさまざまな業界での数百のプロジェクト実績と経験を持ち、あらゆる業界が抱える課題を解決に導きます。
社風
20~30代が約8割と若手が中心となって活躍しており、多様なバックグラウンドを持ったメンバーが在籍しています。“勉強好き”な社員が多く、週2~3回ほど社内勉強会を開催して、技術専門書や各種論文等について日ごろから最先端の情報をキャッチアップしています。
企業理念
分析力をコアとし、顧客の意思決定と問題解決を支援する
事業戦略
各産業と横断的に関わることにより、主要産業におけるAIアルゴリズムとデータの触媒機能(CATALYST)となり、産業間のAIとデータのシェアリングを促進する「CATALYST戦略」を掲げています。
理系が活躍している部門・職種
統計学や金融工学、宇宙物理学など文理問わずさまざまな領域で高度な研究を行ってきた専門家が集まっています。データサイエンスをビジネスへ応用できる実装力があるデータサイエンティストが150名以上在籍しており、プロジェクトの知識・技術ノウハウを共有することで、知の相乗効果を生み出しています。
URL
https://www.albert2005.co.jp/