金融庁(Financial Services Agency)

金融×理工系の可能性を体感できるインターンシップ

“金融は経済の血液”という例えになぞらえると、金融庁の任務は“経済の心臓を動かす”ことだといえるだろう。金融庁の最大のミッションは、金融の機能を充分に発揮させ、経済の安定化・活性化を図り、それによって ...
“金融は経済の血液”という例えになぞらえると、金融庁の任務は“経済の心臓を動かす”ことだといえるだろう。金融庁の最大のミッションは、金融の機能を充分に発揮させ、経済の安定化・活性化を図り、それによって国民一人ひとりの幸せに貢献すること。金融は、私たちが生活するためのインフラであると同時に、企業にリスクマネーを供給する手段であり、社会のあらゆる経済活動の基盤といえる。金融システムを設計・運用することは、すなわち、日本経済のかたちを創り上げていく、ということにほかならない。

技術革新を背景に金融とITの融合が進み、FinTechによって新たな金融サービスが次々と生まれている昨今、金融領域における理工系人材の活躍のフィールドは日々広がり続けている。理工系出身の職員がチームの中心となって法律を改正したり、留学して経済学の博士号を取得したりするなど、様々なフィールドで成長し、金融行政の第一線で活躍することが可能だ。

金融庁のサマーインターンシップでは、金融行政について幅広く学べる「金融行政コース」と、アプリケーション開発を行い業務効率化に励む「Tech Formingコース」の2コースを実施予定。いずれも理工系のバックグラウンドを活かして「日本の未来を金融でデザインする」仕事の醍醐味を感じられるプログラムになっている。

金融庁は以下のセミナーに講師協力します!
「理系×金融」仕事研究セミナー【WEBセミナー】/7月4日(月)18:00~19:30

詳細を読む

募集職種/部門
金融行政コース、Tech Formingコース
プログラム内容
【金融行政コース】
金融庁の政策について3日間で幅広く学ぶコースです。
様々な年次の職員による講演や政策立案の流れと面白さを体験できるグループワーク、皆さまの気になるご質問にお答えする座談会などを企画しております。金融行政の魅力や職員・職場の雰囲気を感じていただける内容です!

【Tech Formingコース】
主に理工系の学生向けに、アプリケーション開発を通じて業務効率化に繋げる「Tech Forming」を体験するコースです。理工系出身の金融庁職員がメンターとなり、金融庁の業務効率化に資するアプリケーションの作成を通じて、行政における理工系のスキルの活かし方の一例を体験できます。
待遇
給与・手当支給なし
実施場所
金融庁(中央合同庁舎第7号館)
※開催方法については、コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、オンラインに変更する可能性があります。
実施期間
【金融行政コース】
8月8日(月)~8月10日(水)、8月22日(月)~8月24日(水)、9月5日(月)~9月7日(水)

【Tech Formingコース】
8月29日(月)~9月2日(金)
応募資格
【金融行政コース】
大学または大学院の学生(日本国籍を有する者に限る)

【Tech Formingコース】
・大学または大学院の学生(日本国籍を有する者に限る)
・プログラミング経験がある者(Visual Basic, php, python等)
※上記の条件を満たす場合、理工系専攻の方でなくても応募可能です。
募集人数
【金融行政コース】各日程30名
【Tech Formingコース】9名
選考プロセス
各締切以降、順次書類による選考を開始いたします。
※応募者数によっては電話等による面接を行う可能性があります。
お問い合わせ
金融庁秘書課 インターンシップ担当 
電話:03-3506-6771
Mail:fsa-seminar@fsa.go.jp
応募方法
下記[詳細を見る]ボタンより2024卒向け金融庁採用マイページにアクセスし、応募してください。
応募締切
【金融行政コース】
1次締切:6月10日(金)まで
2次締切:7月12日(火)まで

【Tech Formingコース】
7月12日(火)まで
活かせる(歓迎する)理系専攻
論理的思考力や研究経験を歓迎しているため幅広い理系専攻を歓迎しています。
理系女性インタビュー
金融庁で活躍している理系女性インタビューはこちら