AGC株式会社

グローバル素材メーカーで知る
理系の幅広い活躍フィールド

ガラス、化学品、セラミックスの技術を柱とする素材メーカー、AGC。同社は、フロート板ガラス、自動車用ガラス、TFT液晶/有機EL用ガラス基板、フッ素化学品など、グローバルでトップクラスのシェアを誇る製 ...
ガラス、化学品、セラミックスの技術を柱とする素材メーカー、AGC。同社は、フロート板ガラス、自動車用ガラス、TFT液晶/有機EL用ガラス基板、フッ素化学品など、グローバルでトップクラスのシェアを誇る製品を数多く有しており、住宅、自動車、化学、エレクトロニクス、エネルギーといった各時代の先端産業を支え、社会の発展に貢献してきた。

創業以来受け継がれている同社の理念は、「易きになじまず難きにつく」。創業当時、日本のガラス製造技術は未熟で、急増する板ガラス需要のほとんどを輸入品に頼っていた。創業者の岩崎俊彌は「人がやっていない事業はほかにいくらでもあるが、やる以上は国のためになること、この国に暮らす人のためになることをやりとげたい。それが私にとって板ガラスの製造なのだ」という強い決意を胸に板ガラス事業に参入。幾多の苦難を乗り越え、今日のAGCを支える技術の原点を作り上げた。日本の成長に貢献するため、困難なガラス生産に挑んだ岩崎の精神は脈々と同社に受け継がれている。

AGCグループは、ダイバーシティ(多様性)を長期的な競争力の源泉と考えており、意欲ある多様な人財が活躍できる組織の実現を目指す。AGCでは女性活躍・登用も積極的に推進しており、女性活躍推進に優れた企業を選定する「なでしこ銘柄」に計4回選定されている。コロナ禍における変化をチャンスと捉え、在宅勤務をはじめとする新しい働き方へ挑戦していく。

詳細を読む

社名
AGC株式会社
設立日
【創立】1907(明治40)年9月8日
【設立】1950(昭和25)年6月1日
株式公開
東京証券取引所一部上場
事業内容
建築用ガラス、自動車用ガラス、ディスプレイ用ガラス、電子部材、クロールアルカリ・ウレタン、フッ素化学・スペシャリティ、セラミックス などの製造・販売
代表者
代表取締役・社長執行役員・CEO
平井 良典
従業員数
7,223名(単独)、55,999名(連結)
※2021年12月末現在
平均年齢
43.2歳
本社所在地
〒100-8405 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
事業所
【本社】東京
【研究所】横浜
【事業部支店】東京、名古屋、大阪、福岡 など
【工場】鹿島、千葉、横浜、相模、愛知、関西(高砂、尼崎) など
資本金
908億7,300万円
売上高
5,668億円(単独)、1兆6,974億円(連結)
※2021年12月期
企業の特色
AGCはガラス・化学・セラミックスなどの10分野の事業領域をもち、それらの技術を融合発展させる事で、多くのグローバルトップシェア製品を供給する素材メーカーです。
企業理念
AGCグループビジョン“Look Beyond”は、AGCグループの全ての事業活動、社会活動を貫く企業理念であり、将来にわたり継続すべきものです。私たちは使命である、「AGC、いつも世界の大事な一部」のもと、「私たちのスピリット」と「私たちの価値観」を共有し、お客様や社会にとって“無くてはならない製品”を提供し続け、いつもどこかで、世界中の人々の暮らしを支えます。
URL
https://www.agc.com/