金融庁(Financial Services Agency)

理工系のセンスを活かし、日本経済のかたちを創る

“金融は経済の血液”という例えになぞらえると、金融庁の任務は“経済の心臓を動かす”ことだといえる。

金融庁の最大のミッションは、金融の機能を充分に発揮させ、経済の安定化・活性化を図り、それによって国 ...
“金融は経済の血液”という例えになぞらえると、金融庁の任務は“経済の心臓を動かす”ことだといえる。

金融庁の最大のミッションは、金融の機能を充分に発揮させ、経済の安定化・活性化を図り、それによって国民一人ひとりの幸せに貢献すること。金融は、私たちが生活するためのインフラであると同時に、企業にリスクマネーを供給する手段であり、社会のあらゆる経済活動の基盤といえる。金融システムを設計・運用することは、すなわち、日本経済のかたちを創り上げていく、ということにほかならない。

近年、ITや金融工学の発展が、金融をより高度化・複雑化させ、経済・社会の様相を変化させてきた。そうした時代の中で、金融行政も一層の進化が求められている。そこでは理工系の学問を専攻してきた学生が培ってきた思考力、分析力や創造力が必要とされている。

日々グローバルに進化を続ける金融・金融行政の最前線で、若手職員のうちから新たな課題に取り組める金融庁では、幅広い視野と専門性の両方を身に付けられる場が用意されている。理工系出身の職員がチームの中心となって法律を改正したり、留学して経済学の博士号を取得したりするなど、様々なフィールドで成長し、金融行政の第一線で活躍することが可能だ。

詳細を読む

募集職種/部門
事務系(総合職、一般職)
仕事内容
金融制度の企画立案・金融モニタリング・金融外交 等
給与
総合職(院卒)試験合格者 初任給例:月給 255,600円
総合職(大卒程度)試験合格者 初任給例:月給 224,040円
一般職(大卒程度)試験合格者 初任給例:月給 218,640円

この額は、一般職の職員の給与に関する法律の規定によるもので、東京都特別区内に勤務する場合における、地域手当を含む2020(令和2)年4月1日の給与の例です。
賞与・昇給
年2回(6月・12月)
※期末手当・勤勉手当(いわゆるボーナス)/1年間に俸給等の約4.5月分
勤務地
主として金融庁本庁(東京都千代田区霞が関3-2-1 中央合同庁舎第7号館)
※希望に応じて、海外(在外公館、国際機関等での勤務、留学)・地方(財務局、地方自治体)での勤務も可能。
就業時間
人事院の規定に従います。
詳細は以下のとおりですが、更なる情報は人事院ウェブサイトをご覧ください。
勤務時間は、原則として、1日7時間45分で、土・日曜日及び祝日等の休日は休みです。
休日・休暇
週休2日制、祝日、年次休暇、育児休業、病気休暇、特別休暇(夏季・結婚・出産・忌引・ボランティア等)、介護休暇 等
福利厚生
公務員宿舎(独身、世帯用)、健康診断、検診事業、共済制度 等
教育制度
大学で金融に関する科目を学んでいない新人職員も多くいるため、業務で必要となる専門的な知識やスキルを、基礎から段階的に習得できるような研修体系になっています。さらに、新人研修に限らず、専門分野(銀行、市場、証券、IT等)ごとに育成担当者や先輩たちが中心となり、オリエンテーションを実施しています。語学研修や海外・国内大学院への留学制度もあり、職員が主体的に自身のキャリアをデザインし、学び、成長していくことを人事部門が全力で応援しています。
応募資格
国家公務員総合職試験または一般職試験に合格した方
雇用条件
常勤の国家公務員
こんな人に来てほしい
【金融行政のプロフェッショナルとなるポテンシャル・意欲のある方】
金融だけでなく、経済・産業や社会全体に対してアンテナを高く張り巡らす「視野の広さ」「好奇心」、幅広い分野の知識を吸収する「向上心」、自由な発想で最適な政策を立案する「柔軟なアタマ」、自らの手で日本を良くし、国民の幸せに貢献したいという「気概」「志」を持つ方のご応募をお待ちしております。(金融・経済の知識の有無は問いません)
選考プロセス
採用をご希望される方は、ご希望の職種の国家公務員試験を受験の上、当庁の官庁訪問にお越しください。
※国家公務員試験への最終合格等、官庁訪問にお越しいただく条件については人事院、当庁のHPをご確認ください。
お問い合わせ
金融庁総合政策局秘書課 セミナー・採用担当
電話:03-3506-6771
メール:fsa-seminar@fsa.go.jp
応募方法
下記[詳細を見る]ボタンより当庁のウェブサイトをご確認の上エントリーしてください。
理系女性インタビュー
金融庁で活躍している理系女性インタビューはこちら