独立行政法人 国際協力機構(JICA)

理系の専門性を活かして“国創り”に貢献
JICAで社会課題の解決に挑む

保健医療環境の整備、高度科学技術人材の育成、水資源や電力の安定供給、食料共有の安定性の向上――開発途上国が抱える様々な社会課題。その中には、ビジネス論理だけでは解決することが困難なものも数多く存在して ...
保健医療環境の整備、高度科学技術人材の育成、水資源や電力の安定供給、食料共有の安定性の向上――開発途上国が抱える様々な社会課題。その中には、ビジネス論理だけでは解決することが困難なものも数多く存在している。

JICAは日本の政府開発援助(ODA)の唯一の実施機関として、様々な社会課題の解決に向け、利益にとらわれずに中長期的な視点で、真に求められる国の基盤づくりに取り組んでいる。JICAの活動は世界150を超える国・地域にわたり、取り組む課題も、教育、保健医療、農業、都市開発、運輸交通、環境保全、資源、エネルギー、金融など多種多様だ。

JICA職員の仕事を一言で言えば、「国創り」。途上国の数十年先を見越した長期的、大局的な見地から、今途上国に必要な支援は何かを見極め、プロジェクト形成・実施を支援している。そんな「国創り」の現場では理系出身者の力を様々なフィールドで活かすことができる。各分野の専門性をはじめ、研究を通じて習得できる「論理的思考力」や「分析力」もあらゆる場面で大いに期待されているという。

そのJICAが実施する「キャリア教育プログラム」は、インターンシップやOB/OG訪問を通じて、国際協力業界のキャリアについて理解を深められる機会となっている。「国創り」に関心がある理系学生はぜひエントリーしてみてはいかがだろうか。

詳細を読む

募集職種/部門
JICAキャリア教育プログラム(インターンシップ、OBOG訪問)
プログラム内容
国際協力というフィールドにおけるJICAの役割や協力事業について、具体的な事例を用いたワークショップや職員との座談会などを通じて理解を深めることができる「JICA体験1dayプログラム」、JICAの各部署や開発コンサルティング企業などで実際に仕事を経験することで、国際協力の"現場"にどっぷり浸かることができる「JICAインターンシップ・プログラム」、具体的な仕事内容ややりがいを感じる瞬間、どんなキャリアパスを歩むのかなど、JICA職員として働くことに対する疑問や不安に直接お答えする「OBOG訪問」など、様々なプログラムを用意しています。募集時期等の詳細はマイページにてご確認ください。
待遇
なし
実施場所
プログラムによって異なります。詳細はマイページにてご確認ください。
実施期間
プログラムによって異なります。詳細はマイページにてご確認ください。
応募資格
2023年度以降に卒業予定の方
こんな人に来てほしい
海外に滞在した経験や、国際協力に関わった経験が無くても大丈夫です。SDGsを始めとする社会課題やJICAの仕事に少しでも関心がある方であれば、どなたでも大歓迎です。
お問い合わせ
03-5226-9760
応募方法
プログラムによって異なります。
下記「詳細を見る」より当社ホームページにアクセスしていただき、詳細はマイページにてご確認ください。
応募締切
プログラムによって異なります。詳細はマイページにてご確認ください。