シンプレクス・ホールディングス株式会社

「ビジネス×テクノロジー」に精通し、
クライアントのビジネス成功に貢献する

金融工学と最先端のITを兼ね備えたエキスパート集団として、金融領域で高付加価値のITソリューションを提供してきたシンプレクス。FinTech(金融×IT)の領域で培ってきた知見を活かし、あらゆる業界を ...
金融工学と最先端のITを兼ね備えたエキスパート集団として、金融領域で高付加価値のITソリューションを提供してきたシンプレクス。FinTech(金融×IT)の領域で培ってきた知見を活かし、あらゆる業界を対象にしたBizTech(ビジネス×IT)へのシフトを推進している。特に同社が注力しているのは、クライアントのビジネス成功にテクノロジーが大きく貢献する「クロスフロンティア領域」だ。金融機関のコア業務を対象としたソリューションの知見をベースに、あらゆるクライアントの事業の本質を捉え、高度なテクノロジーを駆使して課題解決に取り組んでいる。

シンプレクスにおけるビジネスキャリアは、戦略/ITコンサルタント、スーパープログラマー、数理工学エンジニア(金融クオンツ、AI/データサイエンティスト)、シニアプロジェクトマネジャーなど、極めて多様性に富んでいる。さらに、「プレイヤーからマネジメント」といった従来型のキャリアだけでなく、各分野のスペシャリストとして歩むことも可能だ。

いずれのビジネスキャリアにおいても一定以上の「テクノロジー」の知見・経験を有していることが極めて重要となっている。シンプレクスグループには、長年にわたって積み上げてきた「テクノロジー×ビジネス」を習得できる教育カリキュラムや社内ノウハウが蓄積されており、いずれのキャリアを目指す場合でも、高い付加価値を有する超一流ビジネスパーソンへの成長を後押しする武器となるはずだ。

【就活ガイド掲載記事】
●シンプレクス・ホールディングスで活躍している理系女性インタビューはこちら
●「理系人材×BizTech」インタビューはこちら

詳細を読む

先輩インタビュー

石橋江里

いしばし・えり

シンプレクス株式会社 クロス・フロンティア ディビジョン ※シンプレクス株式会社は、シンプレクスグループの事業会社です

東京農工大学 農学部 応用生物科学科 卒

高難易度のシステムを実現する高度な技術力で
お客さまのビジネスをダイレクトに支援

シンプレクスへ入社を決めた理由を教えてください
「市場価値の高い人間になりたい」、「自分の手でキャリアを築いていきたい」と考えて就職活動に臨みました。もともとITスキルに長けていたわけではなく、どちらかといえば苦手意識を持っていたIT業界を選んだのは、これからも伸びていく業界であり、「苦手だからこそキャッチアップしたい」と考えたからです。中でもシンプレクスは上流工程から製造工程まで一気通貫でものづくりをできる環境があることから、幅広いスキルを身につけられる会社だと考えて入社を決めました。
入社後はどのような業務を任されましたか
ITは未経験でしたが、内定者研修と入社後の新人研修を経た後、1年目はスマホアプリの開発プロジェクトに参加し、お客さまとの要件定義から開発までの工程を経験しました。2年目からはFXの取引システムの新規導入プロジェクトに参加し、要件定義から設計、開発、テスト、導入までの一連のプロセスを経験しました。リリース後は同システムの運用リーダーとして現場のマネジメントを行い、入社4年目からはプロジェクトマネジメントを担当しています。
現在の仕事内容を教えてください
新規導入フェーズから関わってきたFX取引システムの運用を担当しています。システムの安定稼働が主なミッションですが、保守だけではなく、システムの性能向上や機能拡張を行うエンハンス案件のリードも任されています。システム運用と並行してエンハンスを実行していけるのは、初期から運用を想定した開発を行ってきたからであり、シンプレクスの強みがあらわれています。一方、運用で得た知見を改善提案につなげる活動にも取り組んでおり、運用と改善の好循環が生まれています。
FX取引システムを多数開発してきた当社は、これまでに蓄積した独自のライブラリを活用し、クライアントのニーズに応じてカスタマイズを行っています。私の担当企業はカスタマイズ要素が非常に多く、技術面の難易度もきわめて高いものでした。取引のトランザクションが膨大でシステムの負荷がきわめて大きく、当社以外の会社からは「対応できない」と断られたそうです。1秒たりとも止まってはいけないシステムを手掛けてきたシンプレクスだから対応できたプロジェクトです。
シンプレクスで働く魅力・やりがいを教えてください
お客さまのやりたいことを直接実現するシステムに携わり、ビジネスパートナーとして最良の仕事ができていると感じています。現在担当するシステムは運用を通じて取引量が着実に増えており、市場からの評価も高まってきています。また、難易度が高く業務要件が複雑なシステムを無事にリリースできたのは、高度な専門知識を持ったプロフェッショナルたちが社内におり、議論しながらプロジェクトを推進できたからです。若手もチームの一員として重要な仕事を任され、プロフェッショナルと近い距離で働けるのはシンプレクスの魅力だと感じています。
理系学生に向けてメッセージをお願いします
ITの経験が少ないということは必ずしも弱みにはなりません。シンプレクスの社員を見ていると、学生時代にITを学んだ人だけが活躍しているわけではなく、逆に未経験から開発スキルを大きく伸ばしている人もいます。実務では、コミュニケーションを重要視される場面も多く、学生時点での経験の有無はさほどこだわる必要はありません。
特に自分の強みがまだ明確になっていないファーストキャリアの環境では、何でもやってみようという前向きな気持ちが重要です。そして会社を選ぶ際には、優秀な社員が多い会社を選ぶことをおすすめしたいです。優秀で努力を惜しまない人々に囲まれていれば、自然と自分も努力することでしょう。その点では、非常に優秀な社員が多いシンプレクスは、成長する上で最適な環境だといえます。