株式会社HIROTSUバイオサイエンス

簡便、高精度、安価な線虫検査で
がん医療の未来を拓く

日本における死因の第1位となっている「がん」。日本人の3人に1人が、がんにより死亡するといわれる一方で、その早期発見・治療につながるがん検診の受診率は3~4割程度と、他の先進国と比較して低い水準にとど ...
日本における死因の第1位となっている「がん」。日本人の3人に1人が、がんにより死亡するといわれる一方で、その早期発見・治療につながるがん検診の受診率は3~4割程度と、他の先進国と比較して低い水準にとどまっている。がん検診の受診率を上げ、早期発見につなげることで、がんで死亡する人を減らせないだろうか――こうした社会課題に挑むのが、線虫によるがん検査『N-NOSE』を提供する株式会社HIROTSUバイオサイエンスだ。

代表取締役の広津崇亮氏は東京大学大学院で線虫の嗅覚に関する研究に取り組み、犬の1.5倍の嗅覚受容体様遺伝子を持つ線虫の優れたセンシング能力にその可能性を見出した。線虫のセンシング能力を活用すれば、ステージ0~1といった早期がんを尿1滴で検知でき、多様ながん種に対する全身網羅的な検査も可能となる。

2020年1月に実用化され、当初は医療機関経由で提供されていた『N-NOSE』は、2020年10月に一般発売を開始。10,780円(税抜価格9,800円)という安価な価格設定で、全身のがんリスクを9割近くの精度で調べられるようになった。「心身ともに健やかな未来」「生物の能力を生かす未来」「研究者が輝く未来」の3つのビジョンを掲げ、HIROTSUバイオサイエンスはがん医療の未来を切り拓いていく。

詳細を読む

社名
株式会社HIROTSUバイオサイエンス
設立日
2016年8月
事業内容
生物診断研究:線虫および線虫嗅覚センサーを利用したがん検査の研究・開発・販売
代表者
代表取締役 広津 崇亮
本社所在地
東京都千代田区紀尾井町4-1ニューオータニガーデンコート22階
事業所
【本社】東京都千代田区
【HBS東京検査センター】東京都日野市
【HBS松山検査センター】愛媛県松山市
【湘南R&Dセンター】神奈川県藤沢市
【福岡R&Dセンター】福岡県福岡市
資本金
4,461,984,000円(資本準備金を含む) ※2021年3月末現在
ビジョン
私たちは、3つの「未来」を目指しています。
 ・心身ともに健やかな「未来」
 ・生物の能力を生かす「未来」
 ・研究者が輝く「未来」
社風
当社は、線虫がん検査N-NOSEを普及させることで、「がんが怖くない未来」を創造しようと本気で取り組んでいます。「何十億人もの人々にN-NOSEを利用してもらうことで、多くの人の命を救いたい。」という使命感を持つ、志の高い社員が集まっています。
企業理念
HIROTSUバイオサイエンスのミッション
新しい発想から生まれた「N-NOSE®」。
私たちは、この独自の技術で
がんが早期発見できる世界を作り、
人々の健康と未来の安心を守ります。
理系が活躍している部門・職種
研究開発部門/研究職
生物学等の分野で豊富な経験を積んだ研究者が、線虫の特性やがんの早期発見に関する研究に力を注いでいます。当社の創業者は自らが当社の研究の第一人者であるため、研究者が研究開発に専念できる環境を整えており、研究者が輝ける会社を目指しています。
URL
https://hbio.jp/
就活ガイド掲載記事
【トップインタビュー】代表取締役 広津 崇亮