ダッソー・システムズ株式会社

モノからヒト、生命へ
よりよい世界を創造する

フランスに本社を置くダッソー・システムズは、EU最大級の世界的ソフトウェア企業だ。ハイエンド3DCADの代表格『CATIA』や高精度解析ソフトウェア群『SIMULIA』を筆頭としたCAD/CAMツール ...
フランスに本社を置くダッソー・システムズは、EU最大級の世界的ソフトウェア企業だ。ハイエンド3DCADの代表格『CATIA』や高精度解析ソフトウェア群『SIMULIA』を筆頭としたCAD/CAMツールだけでなく、あらゆる人々が仮想空間の中で臨場感あふれる3Dでの体験(3DEXPERIENCE)を創造・共有できる環境を提供している。

同社の『3DEXPERIENCEプラットフォーム』は、自動車/モビリティをはじめ、航空宇宙、造船、産業機械、建設、都市、エネルギー、ライフサイエンスなど幅広い領域に向けて展開されている。マーケティング、販売、エンジニアリングに至るまで、企業のあらゆる組織・業務プロセスを相互に関連づけ、グローバル設計やサプライチェーンマネージメントにおいて価値を創造している。

近年、DXの推進が急務となっている製造業に対しては、仮想世界のモデル化と現実世界のシミュレーションを実現。サプライヤーからロジスティクスまで、バリュー・ネットワーク関係者への完全なソリューション提供を通じて、ビジネスのデジタル化を加速させる。

ダッソー・システムズが2020年に掲げた新戦略は「ヒューマン・インダストリー・エクスペリエンス」。同社が追求していくのは、製品・サービスの機能・品質にとどまらず、それを利用する人間のエクスペリエンス(経験・体験・感性価値)に関わること。そのために、顧客の価値観や潜在的ニーズの分析・理解に注力することで、「製品を使う人々の生活であり人生」を重視した研究開発に尽力していく。

詳細を読む

社名
ダッソー・システムズ株式会社
設立日
1994年6月2日
事業内容
3DEXPERIENCEプラットフォーム、業界向けのインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス、「CATIA」「SIMULIA」「DELMIA」「ENOVIA」「BIOVIA」「3DEXCITE」「3DVIA」「EXALEAD」「GEOVIA」等の各種ブランド・アプリケーションを含むダッソー・システムズ製品群の日本およびアジア市場における販売およびマーケティング、サポートおよび受託開発業務、ならびにその他関連業務
代表者
代表取締役社長 フィリップ・ゴドブ
従業員数
全世界:20,000名
日本国内:734人(2020年10月時点)
※正社員:国内ダッソー・システムズ・グループ合計
本社所在地
〒141-6020 東京都品川区大崎2丁目1-1 ThinkPark Tower
事業所
【東京本社】
〒141-6020 東京都品川区大崎2丁目1-1 ThinkPark Tower

【名古屋オフィス】
〒450-6322 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 JPタワー名古屋 22階

【大阪オフィス】
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-3-20 明治安田生命大阪梅田ビル12F

【豊田オフィス】
〒471-0833 愛知県豊田市山之手5-121 GA豊田ビル9F

【名古屋伏見オフィス】
〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-14-21 円山ニッセイビル6F
資本金
27億4,609万円
売上高
45億ユーロ
主要取引先
主に国内外の優良企業を取引先としており、モビリティ、航空宇宙、産業機械、ハイテク、ライフサイエンス、建築・建設、製薬、素材、プラント、シューズ、日用品など多くの業界で弊社のテクノロジーが採用されています。
企業の特色
私たちは、産業や世界の未来を描き、しかるべき変革を実現し、現実をアップデートしていくための鍵となるビジネス基盤、3DEXPERIENCE(スリーディーエクスペリエンス)を提供しています。

当社の事業領域は、産業界の急速な変化と再編を先取りする形で広がっています。たとえば3Dプリンタ、協働ロボット、空飛ぶ自動車、スマートファクトリー、ナノボットなどは、3Dモデリングやシミュレーションといった先端技術なくしては成立しえない分野です。
近年では特に、企業のデジタル変革に関わるシミュレーション、デジタル・マニュファクチャリング、ビッグデータ解析、3次元設計、土地開発、材料探索、VR/ARなどが注目されています。
ビジョン
ダッソー・システムズは、常に「弊社が取り組む意義、目的」を追求し、事業を展開しています。(これを私たちは「パーパス・ドリブン」と呼んでいます)常にインパクトとバランスを考えながら前進し革新を続けています。何らかの価値を生みだすためには、それと引換えに地球上の何かを消費しなければなりません。当社が行う全てのこと、弊社が世界にもたらす全てのことの中心には、製品と自然環境と人々の調和があります。
社風
日本法人では現在、日本を含む19ヶ国・地域のさまざまなバックグラウンドやスキル、ノウハウを持つ社員が、男女の別なく活躍しています。また、社内はコラボレーションの文化が根付いています。日本を含む全世界の社員は社内クラウド・プラットフォーム上でつながることができ、共通のミッションのもとにお互いのスキルとナレッジを持ち寄り、自由に意見を交わしながら課題解決に取り組んでいます。
企業理念
ダッソー・システムズには、思い描いた未来を現実のものにするための技術や人々との出会い、コラボレーションや成長の機会があります。もともと1960年代にエンジニア達がスタートさせた企業ということもあり、科学とそれがもたらす未来のあり方に絶えず思いを馳せ、人と技術開発に継続的に投資していることも特長の一つです。技術発展の果実である製品と、それを享受する人々の生活と、それらからの影響が不可避である地球環境、この3つの調和がとれた持続的な発展を後押しすることを事業目的(パーパス)としています。
事業戦略
2020年に、弊社はそれまで打ち出してきた戦略(ソーシャル・インダストリー・エクスペリエンス)から、新戦略(ヒューマン・インダストリー・エクスペリエンス)の段階へと進みました。この背景には、”Experience is Human(経験は人の常)”という考えがあります。新戦略における「Human:人」とは、ダッソー・システムズが最終的に目指すものが人々とそのQoL(生活の質)の向上であり、かつ人々こそが弊社の最も重要なリソースでもあることを表しています。弊社は想像力、知識と技能に基づいて、全体の利益に資する長期的な貢献を行います。また「Industry:インダスリー、産業」とは、産業界を構成する弊社のクライアントが最も追求するもの、つまり持続的な成果を提供したいという弊社の思いを表しています。そして「Experience:エクスペリエンス、体験、経験」は、コロナ後の新しい世界を担う企業や人々を支援していくという弊社の目標を表しています。
理系が活躍している部門・職種
インダストリープロセスコンサルタント、セールス
URL
https://www.3ds.com/ja/