シーメンス株式会社

Transforming the Everyday

エレクトロニクス、オートメーション、およびデジタル分野における世界有数のテクノロジー企業、シーメンス。同社はプロセス産業、製造業のデジタル化・自動化、スマートなインフラ・モビリティ、分散化エネルギーシ ...
エレクトロニクス、オートメーション、およびデジタル分野における世界有数のテクノロジー企業、シーメンス。同社はプロセス産業、製造業のデジタル化・自動化、スマートなインフラ・モビリティ、分散化エネルギーシステムといった多様な領域であらゆる社会課題の解決に取り組んでいる。

創業のきっかけとなった電信機が遠隔地とのコミュニケーションを可能にしたように、シーメンスの技術や製品は社会に様々な変革をもたらし、第二次および第三次産業革命を牽引してきた。そして、リアルとデジタルの融合が進むインダストリー4.0(第四次産業革命)においても、同社の技術と理念が新たなイノベーションを創出している。

近年、産業界を取り巻く課題は複雑化の一途をたどっており、世界中の企業はより効率的な事業運営を求められている。その課題を解決するカギとなるのが、デジタルトランスフォーメーション(DX)だ。シーメンスは、技術や製品、ソリューション、さらにはカスタマーサービスまで、一貫したポートフォリオで企業のDX推進をトータルかつ柔軟にサポート。バリューチェーン全体にわたって統合的なデジタル化を実現する。特にモノづくり産業では、化学品など流体を扱うプロセス産業から、機器・装置など個体を扱うディスクリート産業まで、あらゆる分野に幅広く対応している。このような幅広い対応力も、シーメンスの長年にわたる歴史と経験の賜物と言えるだろう。

詳細を読む

社名
シーメンス株式会社
設立日
設立:2001年12月20日/創立:1981年
事業内容
以下の事業に関する製品、サービス、ソリューションの輸入、販売
・産業オートメーション、PLM等ソフトウエア、ドライブテクノロジー、産業ソリューション
代表者
代表取締役社長兼CEO 堀田 邦彦(ほりた くにひこ)
本社所在地
東京都品川区大崎1丁目11番1号 ゲートシティ大崎ウエストタワー
事業所
東京都渋谷区代々木2丁目2番1号 小田急サザンタワー(PLM事業本社)
資本金
43億3,600万円
関連会社
◯シーメンスPLMソフトウェア・コンピューテイショナル・ダイナミックス株式会社
◯シーメンスEDAジャパン株式会社
◯Siemens Healthineers 関連会社(シーメンスヘルスケア株式会社、シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社、株式会社アクロラド)
◯シーメンス・エナジー 関連会社(シーメンス・エナジー株式会社、シーメンス・ガメサ・リニューアブルエナジー Pty Ltd)
ビジョン
シーメンスが刻んできた変革の歴史は、時代ごとの社会課題を解決してきた歴史でもあります。現代社会もまた、大規模な環境変化を背景に、多様かつ深刻な課題に直面しています。
私たちの社会が、そしてそこに生きるすべての人々が、より豊かな未来を歩んでいけるよう、
シーメンスは「デジタル」を軸とした先進技術を駆使して、これからも社会に新たな変革を提案し続けることをお約束します。
社風
【オーナーシップカルチャー】
シーメンスでは、社員一人ひとりの「オーナーシップカルチャー」という理念が根付いています。オーナーシップカルチャーとは、会社のオーナーの一人であるという責任を持ち、自ら考え行動することです。この共通理念のもと、社員全員が自ら働き方を見直し改善しています。
企業理念
【Transforming the Everyday】
ー人々が過ごす毎日を、より便利で豊かなものに変革したいーこの強い意思こそ、創業以来170年以上にわたって受け継がれてきたシーメンスの理念であり、絶え間ない技術革新や事業拡大を支えてきた原動力でもあります。ドイツ・ベルリンの一画で、小さな作業場から始まったシーメンスの歴史は、まさに変革の歴史であり、その歩みはこれからも止まることはありません。
事業戦略
【課題解決を導くDXソリューション】
シーメンスの出した答えが「リアルとデジタルの融合」です。デジタル世界での緻密なシミュレーションによって導いた理想形を、リアル世界で再現することで、省資源かつ効率的に、従来以上の成長を実現できるでしょう。より豊かな未来を、より多くのお客様と共有できるよう、シーメンスはこれからも毎日を変革し続けます。
理系が活躍している部門・職種
ハードウェア事業:デジタルインダストリー事業本部(テクニカルコンサルタント)
ソフトウェア事業:技術営業本部(プリセールスエンジニア)、サービス本部(サービスエンジニア)、Simcenter カスタマーサポート本部(カスタマーサポートエンジニア)
URL
https://new.siemens.com/jp/ja.html