三井住友海上火災保険株式会社

理系×保険"専門性を生かした
損害保険会社での活躍フィールド

世界屈指の保険・金融グループ「MS&ADインシュアランスグループホールディング」の一員として、損害保険業界をリードしてきた三井住友海上。激動の現代、現状に甘んじることなく常に世界中で挑戦し続けている同 ...
世界屈指の保険・金融グループ「MS&ADインシュアランスグループホールディング」の一員として、損害保険業界をリードしてきた三井住友海上。激動の現代、現状に甘んじることなく常に世界中で挑戦し続けている同社の事業領域は国内の損害保険事業を中心に、生命保険事業、海外生損保事業、金融サービス事業、リスク関連事業など、幅広く展開。昨今は国内だけにとどまらず、欧州、アジア、南米と世界中42か国に展開し、取扱商品分野はお茶の間から宇宙まで、常に事業領域を拡大してきた。三井住友海上はこれからもグループの総力を結集し、世界トップ水準の保険・金融グループを目指して挑戦を続けていく。

その三井住友海上が今冬2種類のインターンシップを開催予定だ。「スペシャリストインターンシップ」ではシステム部門、デジタル戦略部門、運用部門、それぞれで働く社員との少人数懇談や職場体験を通し、スペシャリストの業務に触れられる。「アクチュアリーインターンシップ」では、商品開発部門、資産運用部門、リスク管理部門、経理部門、金融サービス部門等で実際の業務に触れ、幅広い損保アクチュアリーの業務を体感できるプログラムとなっている。

これらインターンシップを通じて、高い専門性を活かしながら仲間と共に成長し、「プロとして社会に貢献する」ことを考える機会としてほしい。

詳細を読む

社名
三井住友海上火災保険株式会社
設立日
大正7年(1918年)10月21日
事業内容
各種損害保険の引受、損害の調査、保険金の支払、新保険の開発、再保険、資産運用など
代表者
取締役社長 社長執行役員 舩曵 真一郎
従業員数
14,371名(2020年3月現在)
本社所在地
〒101-8011 東京都千代田区神田駿河台3-9
事業所
【営業拠点】営業部支店・・・109、営業課支社・・・425
【損害サポート拠点】損害サポート部・・・26、保険金お支払いセンター・・・179
【海外拠点】42カ国・地域
資本金
1,395億9,552万円(2019年3月現在)
売上高
正味収入保険料1兆5,124億円(2019年3月現在)
経常利益
2,264億円(2019年3月現在)
関連会社
三井住友海上あいおい生命保険(株)、三井ダイレクト損害保険(株)、三井住友海上プライマリー生命保険(株) 等
主要取引先
三井と住友とそれぞれの財閥系企業に太いパイプを有し、上場企業に多くの顧客を抱えるなど企業マーケットに強みを持つ。
企業の特色
2010年4月 三井住友海上グループは、あいおいニッセイ同和損保と経営統合し、「MS&ADインシュアランスグループ」としてスタート。グローバルに事業展開する世界トップ水準の保険金融グループを創造していきます。
ビジョン
持続的成長と企業価値向上を追い続ける世界トップ水準の保険・金融グループを創造します。
社風
当社では一人ひとりを大切にするという思いを込めて、「人材」ではなく「人財」と表記しています。「自ら学び自ら行動する社員」「常に高い目標に向かってチャレンジする社員」の人財育成を目指しています。社員一人ひとりのやりがいや成長をバックアップし、多様な個性を尊重し合える社風を育んでいます。
企業理念
グローバルな保険・金融サービス事業を通じて、安心と安全を提供し、活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支えます。
事業戦略
将来の環境変化を見据え、商品、販売・マーケット戦略を展開するとともに事業構造の変革に取り組み、成長と効率化を同時に実現します。
2016年2月に買収手続きを完了した「MS Amlin社」とのシナジー効果を最大限に発揮し、これまで以上に高品質な商品・サービスを国内外で提供していきます。
理系が活躍している部門・職種
【アクチュアリー】
保険数理業務。新商品の企画・開発、保険料率の算定や検証、料率体系の構築、各種リスクの分析・評価、ERM(総合的リスク管理)、資産運用計画の策定、収益管理・分析、再保険政策の策定、再保険料の算出、海外関連業務 など。

【データサイエンス分野】
当社は損害保険契約の契約データ、事故データなどのビッグデータを保有。統計的なアプローチから防災・減災の仕組みづくりや、担当先企業のコンサルティングを実施しています。

【自然災害リスク分析関連職】
自然災害リスク分析・管理業務。正味保有リスク量の適切なコントロール など。

【商品開発部門】
・新商品の企画・開発
・商品の改定・廃止
・商品の販売にかかわるマニュアルやシステム構築
・保険契約の引受判断(アンダーライティング)

そのほか、天候デリバティブなどの金融派生商品を開発・提供している金融サービス部門や、資産運用部門、経理部門、システム部門、再保険部門、海外部門、営業部門、損害サポート部門などで活躍しています。
経営ビジョン
持続的成長と企業価値向上を追い続ける世界トップ水準の保険・金融グループを創造します。
URL
http://www.ms-ins.com/