株式会社MTI

「モノはこび」技術開発のプロ集団として世界トップを目指す

世界中に広がる海・陸・空の輸送網を通じて、グローバルに物流を支えている日本郵船。その日本郵船の技術開発を担っているのが株式会社MTI(Monohakobi Technology Institute)だ ...
世界中に広がる海・陸・空の輸送網を通じて、グローバルに物流を支えている日本郵船。その日本郵船の技術開発を担っているのが株式会社MTI(Monohakobi Technology Institute)だ。MTIは、世界経済のインフラである海運・物流の現場におけるイノベーション創出をミッションとし、そのために安全運航、環境・省エネ及びそれらを達成するためのICT技術など様々な研究開発をオープンコラボレーションで取り組んでいる。一例を挙げると、自律船を目指したシステム・インテグレーションへの取り組み、ビッグデータを活用した船舶の運航最適化や安全運航の推進、貨物の位置情報を用いた物流の効率・高度化、環境規制に則した船舶輸送技術の開発・検証などがある。

各領域における最新の技術情報が集う同社では、日々熱い議論が交わされ、現場での実験を重ねることで生み出された研究成果が、明日の物流現場を変えている。同社の研究開発成果は社外からも評価が高く、数々の受賞実績を誇っており、『船のパフォーマンスマネジメントシステム(SIMS/Ship Information Management System)』は第12回エコプロダクツ大賞国土交通大臣賞などを受賞。現場との距離も近いため、研究開発成果が実業に活かされているという手ごたえも大きい。

海運を中心とする総合物流を担う日本郵船グループのグローバルなフィールドで、次代の「モノはこび」の技術を創り出し、技術開発のプロ集団として世界トップを目指す――そんな想いを共有し、技術開発に取り組む仲間を同社は待っている。


【理系ナビ特別エントリー求人情報】
同社の採用は理系ナビ特別エントリーからの受付となります。エントリー後は理系ナビのキャリアアドバイザーが面談を行い(Skype、Google hangoutでの対応可能)、応募者と企業の要望がマッチした場合、理系ナビより推薦を行います。
≪理系ナビ特別エントリーについて≫
[1] 理系ナビ独自の採用情報があります。
[2] キャリアアドバイザーが企業へ推薦します。
[3] 選考プロセスにおいて、履歴書の書き方や面接対策などをトータルサポート!

詳細を読む

募集職種/部門
海運・物流系研究員
仕事内容
海運・物流に関わる研究開発プロジェクトの企画立案、推進、検証、成果の普及・商品化等。
1.船舶に関する設計、環境省エネ・安全装置の開発
2.海運・物流に関するビッグデータ解析、最適化、シミュレーション、システム開発
3.船舶・物流に関する計測・制御、自動化技術の開発、システム・インテグレーション
4.国内外の企業・研究機関・大学等との連携
給与
【初任給】
大学卒:月給 214,800円
大学院卒:月給 235,200円
諸手当
時間外手当、昼食手当、住宅手当 等
賞与・昇給
昇給年1回、賞与年2回、交通費支給、社会保険完備
勤務地
東京・シンガポール・香港
就業時間
9:00~17:00(休憩時間12:00~13:00)、フレックスタイム制有(コアタイム10:00~15:00)、標準労働時間7時間
休日・休暇
土曜・日曜・祝日、年末年始、夏季、年次有給、特別休暇
福利厚生
育児休業制度、介護休業制度、社員奨励費等
応募資格
原則として、2022年3月までに四年制大学を卒業または大学院(修士ないし博士)を修了見込みの方(船舶系、機械系、電気電子系、システム工学系、情報系、数学系、経営工学系、化学系など)
TOEIC600点以上または同スコア相当の英語力
雇用条件
正社員(試用期間3カ月/待遇、業務の変更はなし)
選考プロセス
[ステップ1]エントリー
下記エントリーボタンよりエントリーいただくと、ご登録のアドレスにメールが送信されます。
そちらの内容に従って、理系ナビ面談においでください。
     ▼
[ステップ2]理系ナビでの面談
     ▼
[ステップ3]あなたの希望と企業の希望がマッチした場合、理系ナビより推薦
     ▼
[ステップ4]株式会社MTIの選考フローへ進む

このエントリーは理系ナビの面談を介する独自の選考ルートです。
理系ナビでの面談では、会社説明や本選考に向けた模擬面接を用意しております。
お問い合わせ
理系ナビ事務局
Mail:rikeinavi@dreamcareer.co.jp
応募方法
本ページの「エントリーする」ボタンをクリックし、アンケートに回答すると、ご登録のアドレスにメールが送信されます。
そちらの内容に従って、理系ナビ面談においでください。
若手社員の声
学部、大学院時代は理学部情報科学科に所属しており、スーパーコンピュータを用いた行列計算の並列化、高速化の研究に取り組んでいました。就職活動に際し、海運の持つダイナミクスさ、社会貢献度の高さから海運業界に興味を持ちました。一方で、学生時代に専攻していた情報科学の知識を活かせる仕事に就きたいとも考えており、「海運×情報科学」という観点からMTIという会社が自分にぴったりであると感じ、この会社に入社を決めました。
現在は、船上で計測した運航データを基に、時々刻々と変化する海気象条件下において船が発揮しうるパフォーマンスを分析・把握するとともに、この船の性能をコンピュータ上でモデル化し、デジタルシミュレーションを通して、定時運航・安全運航という大前提を満たしながら、如何にして経済性の高い運航を実現するかという研究に取り組んでいます。