株式会社日本マイクロニクス

世界シェアトップクラスの製品群で
半導体産業を「検査」から支える

人々の生活を支え、より豊かにする「半導体」。家電やスマートフォンといった身近な製品は言うまでもなく、IoTや車の自動運転技術といったイノベーション領域からの需要も高まっている。その半導体の製造工程にお ...
人々の生活を支え、より豊かにする「半導体」。家電やスマートフォンといった身近な製品は言うまでもなく、IoTや車の自動運転技術といったイノベーション領域からの需要も高まっている。その半導体の製造工程において不可欠な計測器具“プローブカード”や計測機器“テスタ”などを手掛け、半導体の品質、性能、安全を支えているのが日本マイクロニクスだ。中でも、半導体製造のウェーハ検査工程でSIチップの電気的検査に用いられるプローブカードは業界トップクラスのシェアを誇っている。

同社の製品力を支えているのは、製造装置から自社で独自開発する生産体制だ。製造装置から内製することで、独自性の高い高性能な製品の安定供給を実現しており、マーケットのニーズにきめ細かく、迅速な対応が可能となっている。また、売上の約1割を研究開発に先行投資することで、基礎研究や新領域への挑戦も積極的に推進。さらに人材育成にも力を注ぐことで、世界初、業界初のモノづくりに取り組んでいる。

変化の激しいエレクトロニクス市場において「他社が10年は追いつけない製品」の開発を目標に掲げている日本マイクロニクス。設立以来、常に最先端技術を追い求め、モノづくりに取り組んで来た同社は、「刺激的なマーケットで常に先端技術に触れ、未来を作っていきたい」という理系学生の挑戦を待っている。

詳細を読む

社名
株式会社日本マイクロニクス
設立日
1970年11月2日
株式公開
東京証券取引所(市場第一部)
事業内容
半導体計測器具、半導体・LCD検査機器等の開発・製造・販売
代表者
代表取締役社長 長谷川 正義
従業員数
1,140名(2019年9月30日現在)
本社所在地
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-6-8
事業所
本社、青森営業所、大分営業所、熊本営業所、青森工場、青森松崎工場、大分テクノロジーラボラトリー
資本金
5,018百万円
売上高
279億5,400万円(2019年9月30日現在)
URL
https://www.mjc.co.jp/