株式会社三菱UFJ銀行

ITの力でメガバンクのシステム企画、
デジタルシフト、業務革新をリードする

世界最大級の総合金融グループである三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)。同グループの中核銀行である三菱UFJ銀行は、邦銀随一の顧客基盤と強固な財務基盤を併せ持ち、決済サービスや融資といった重 ...
世界最大級の総合金融グループである三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)。同グループの中核銀行である三菱UFJ銀行は、邦銀随一の顧客基盤と強固な財務基盤を併せ持ち、決済サービスや融資といった重要な社会インフラ機能を通じて日本の経済発展に貢献してきた。

近年、金融業界におけるITの重要性は高まり続けており、“Fintech(金融×テクノロジー)”によって新たなサービスが次々に生み出されている。三菱UFJ銀行においても「デジタルシフト」を重要な経営方針の一つとして据えており、ブロックチェーンを活用したペイメントネットワーク「Global Open Network」、AIスコアリングで融資判断を行う「オンラインレンディング」など、最先端のテクノロジーを用いた価値創出で「デジタルシフト」をリードしている。加えて、国際的なテロ組織などに資金が流れ込まないよう厳格なチェックを行うAML、巧妙化するサイバー攻撃から資金・情報を守るサイバーセキュリティ対策といった金融が担う社会的使命をIT面で担っている。

一般的なIT企業と金融事業会社でIT業務に携わる一番の違いは、自分たちで一から主導してサービス/システムの企画立案し、高度な金融知識と高いITスキルを駆使してシステム構築に携われるという点だ。「社会・利用者のニーズに対し、価値を創造して届ける」ことが銀行ITに求められるミッションであり、醍醐味といえるだろう。

三菱UFJ銀行ではIT企業と比較しても遜色のない充実した研修体制も備えており、金融領域におけるITスペシャリストを目指せる環境が整っている。将来的にはITスペシャリストとしてだけではなく、銀行ビジネスとITの両軸から同行の経営戦略実現に向けた超大規模プロジェクトをマネジメントするというキャリアもあり、その可能性は大きく広がっている。

詳細を読む

社名
株式会社三菱UFJ銀行
設立日
1919年(大正8年) 8月15日
事業内容
銀行の三大業務である「預金」「貸出」「為替」のみならず、世界中に広がるネットワークと、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の総合力を駆使し、企業とその挑戦を、人々とその暮らしを、国家とその産業を支えています。日本と世界の発展を支える使命を胸に、社会の確かな礎として、困難な道であろうとも、一歩一歩、愚直に王道を突き進みます。
代表者
取締役頭取執行役員 三毛 兼承
従業員数
33,524人(2019年3月末現在、単体)
本社所在地
東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
事業所
国内750、海外72(2019年3月末現在)
資本金
17,119億円(単体)
ビジョン
いかなる時代にあっても決して揺らぐことなく、常に世界から信頼される存在であること。
時代の潮流をとらえ、真摯にお客さまと向き合い、その期待を超えるクオリティで応え続けること。
長期的な視点で、お客さまと末永い関係を築き、共に持続的な成長を実現すること。
そして、日本と世界の健全な発展を支える責任を胸に、社会の確かな礎となること。
それが、私たちの使命です。
社風
私たち行員一人ひとりが大切にし、実践している価値感は以下のとおりです。
・信頼・信用(Integrity and Responsibility)
・プロフェッショナリズムとチームワーク(Professionalism and Teamwork)
・成長と挑戦(Challenge Ourselves to Grow)
企業理念
世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ
-Be the world’s most trusted financial group-
1. お客さまの期待を超えるクオリティを、グループ全員の力で
2. お客さま・社会を支え続ける、揺るぎない存在に
3. 世界に選ばれる、アジアを代表する金融グループへ
事業戦略
お客さまからいただく「信頼・信用」は銀行にとっては不変の価値ですが、変化の時代だからこそ、求められるのは新たな挑戦。私たちの新たな試みは、いつかお客さまから評価され、「新しい信頼」となって戻ってきます。長年にわたり培ってきた信頼を「守る」という視座を超え、未来に向けて新たな信頼を「築く」こと、そのための「挑戦」に向け、「デジタルシフト」を重要な事業戦略の1つと位置付けています。
理系が活躍している部門・職種
【システム・デジタル】
銀行業務知識と高度なITスキルを兼ね備えたプロフェッショナルとして、国内外のシステム企画・開発業務、AI等の先進技術を活用した新しいビジネスの立上げ、デジタルシフトの推進等で活躍

【フィナンシャル・テクノロジー】
数学、物理学、金融工学、統計学、データサイエンス等の専門分野の知識を活かし、新たな金融商品の開発やモデル開発、ポートフォリオ最適化、リスク管理、データマネジメント等の業務で、プロフェッショナルとして活躍
URL
https://www.bk.mufg.jp/
セミナー講師協力
サイバーセキュリティ業務研究セミナー【WEBセミナー】/12月11日(金) 17:30~19:15