日本通運株式会社

「運ぶ」という枠を超えた
日本通運における物流の真髄を知る

1937年、鉄道貨物ターミナルとお客様先を結ぶ「通運業」からスタートし、ものを運ぶことを通して社会の発展を支えてきた日本通運。現在では「運べないものは、ない」といえるほどに総合力と専門性を兼ね備えた企 ...
1937年、鉄道貨物ターミナルとお客様先を結ぶ「通運業」からスタートし、ものを運ぶことを通して社会の発展を支えてきた日本通運。現在では「運べないものは、ない」といえるほどに総合力と専門性を兼ね備えた企業として成長。今後も輸送ネットワークをグローバルに拡充し、物流から新たな価値を創り出し、社会発展に寄与することを理念としている。

同社では専門輸送分野において、理系出身の人材の活躍が期待されている。例えば、重量物の輸送から建設まで自社で一括して手がける重機建設事業や、物流システムの要件設定から開発、効果検証まで一貫して行う情報システムなどだ。また、繊細な取り扱いが必要な美術品輸送事業においても、CADなどを用いた検証などが必要なため、理系人材が求められている。理系学問で培った自身の強みを活かし、活躍できるフィールドは多岐にわたっているのだ。

日本通運のインターンシップでは、倉庫システム企画・提案を体験できる『ロジスティクスシステム体験コース』、輸出入における情報システムの役割を学ぶ『グローバルフォワーディングシステム体験コース』、特殊輸送を数多く手がける重機建設・重量品輸送について学ぶ『重機建設・重量品コース』、同社の事業や今後の物流業界について知ることができる『バリューコース』の4コースを実施。これらのプログラムを通じて、「運ぶ」という枠を超えた日本通運における物流の真髄を知ってほしい。

詳細を読む

募集職種/部門
○ロジスティクスシステム体験コース
○グローバルフォワーディングシステム体験コース
○重機建設・重量品コース
○バリューコース
プログラム内容
当社は総合物流業務を行う中で、営業のほかにもシステム、企画、重機などさまざまな仕事を行っております。今回のインターンシップでは、総合物流企業における、総合職(営業、オペレーション、企画・営業開発、情報システム、管理)の業務を体験頂く予定です。
※コースによって実習内容は異なります。

【現在予定しているコース】
○ロジスティクスシステム体験コース
倉庫KAIZENプロジェクトにおける業務改善や倉庫システム設計といった一連の業務プロセスの中で、システム企画や提案などをグループワークやシステム体験を交えながら取り組んでいただきます。また、実際にシステム稼働している倉庫見学なども予定しています。

○グローバルフォワーディングシステム体験コース
輸出・輸入の実務に用いられる物流システムについて学ぶコースです。基本の流れ等を学んだのち、就業体験の一環として物流現場の見学を行い、輸出入における情報システムの役割を学びます。

○重機建設・重量品コース
当社の中でも特殊輸送を数多く手がける重機建設・重量品輸送について学ぶコースです。座学・グループワーク・職場見学を中心に実施します。普段、なかなか目にする機会のない特殊輸送の魅力をお伝えします。

○バリューコース
日本通運が手がける事業や今後の物流業界について、座学、ワーク、職場見学、先輩社員との座談会をつうじて学びます。
※コース名や内容は変更する場合がございます。
※詳細はマイページへご案内します。
待遇
なし
実施場所
本社もしくは各支店にて実施(東京・名古屋・大阪・福岡で開催予定)
※コースによって実施場所は異なる
実施期間
2019年8月~2020年2月にかけてコースごとに実施予定
【東京】8月、11月、1月
【大阪】12月、1月
【福岡】1月
【名古屋】2月
※実施日程は変更になる可能性があります。
※インターンシップ用マイページに改めて詳細の日程をご連絡します。
応募資格
学年不問・学部不問
募集人数
合計200名(予定)
※コースによって数名~40名程度
選考プロセス
【学生】エントリー

【当社】コース毎に受付開始の案内

【学生】応募(人数が募集人数を超える場合、書類選考を実施)

【当社】結果通知、詳細通知
お問い合わせ
〒105-8322
東京都港区東新橋1-9-3
日本通運株式会社
総務・労働部 インターンシップ担当
e-mail:saiyou@nittsu.co.jp
TEL:03-6251-1472
応募方法
下記[詳細を見る]ボタンより、日本通運のページにアクセスし、「インターンシップエントリー受付中」バナーからエントリーしてください。
応募締切
コースによって異なる
※詳細はマイページを確認してください
日本通運の仕事紹介
サプライチェーン全体を、トータルサポート。