全日本空輸株式会社

世界に挑戦するANAのエンジニアを「知る」インターンシップ

1952年の創業以来、純民間の航空会社として努力と挑戦を続けてきたANA(全日本空輸株式会社)。いまや国際線を含めた年間総輸送旅客数は5,200万人を突破し、日本はもとより、アジアを代表する世界トップ ...
1952年の創業以来、純民間の航空会社として努力と挑戦を続けてきたANA(全日本空輸株式会社)。いまや国際線を含めた年間総輸送旅客数は5,200万人を突破し、日本はもとより、アジアを代表する世界トップクラスのエアライングループに成長を遂げている。

そのANAにおいて、航空機整備業務の全般を担っているエアラインエンジニアがグローバルスタッフ職(技術)だ。同職のミッションは、最先端テクノロジーの結晶である航空機を知りつくし、蓄積してきた世界トップレベルの航空機整備・管理能力を駆使して航空機を完全にオペレーションすることで、お客様に「安心」を約束すること。その活躍フィールドは、品質保証、生産計画、部品計画、教育訓練、総務企画、整備現業など多岐にわたる。“整備”に関わる業務だけでなく、新機種開発で航空機メーカーと協業するケースもあり、ボーイング787型機の世界初導入では開発段階からANAのエンジニアが参画している。

同職の専門性は現場で培った「知識」、「技量」、「経験」を基に構築されるとANAは考えており、現業整備を初期キャリアとして“強い技術者”の育成に力を入れている。ANAのインターンシップでは、「航空会社」や「航空機整備や技術」を「働くANA社員」の視点で、世界に挑むエンジニアを体験できるプログラムとなっている。

詳細を読む

募集職種/部門
2日間コース・3日間コース/グローバルスタッフ職(技術)
プログラム内容
【3日間コース】
1.エアラインエンジニアリング概要
2.トレーニング機材を使用したエアラインの整備業務や技術業務の体験
3.エアラインエンジニア業務等のOJT形式による実務
4.各種事業所見学

【2日間コース】
1.エアラインエンジニアリング概要
2.トレーニング機材を使用したエアラインの整備業務や技術業務の体験
3.社員との座談会、整備技術セミナー
4.各種事業所見学
待遇
なし
実施場所
羽田地区各事業所
実施期間
A日程:2020年1月26日(日)より3日間
B日程:2020年2月9日(日)より2日間
C日程:2020年2月16日(日)より3日間
D日程:2020年2月23日(日)より2日間
応募資格
1.4年制大学の大学生および大学院に在学中の方(理系・学年不問)
2.全日程に参加可能で、当社都内事業所(羽田空港、穴守稲荷訓練センター)に出社可能な方
こんな人に来てほしい
航空会社のエンジニアの仕事に強い興味・関心のある方
募集人数
各回30名程度
選考プロセス
書類選考、面接選考
お問い合わせ
下記[詳細を見る]ボタンをクリックしていただき、ANA Internshipマイページよりお問い合わせください。
応募締切
2019年11月11日(月)