東プレ株式会社

卓越した技術と自由な発想力で
プレス加工技術の可能性を追求する

1935年に自動車用プレス部品の製造開発メーカーとしてスタートし、塑性(プレス)加工技術の可能性を追求しつづけてきた東プレ株式会社。コア技術であるプレス加工技術と金型設計技術を発展させることで事業領域 ...
1935年に自動車用プレス部品の製造開発メーカーとしてスタートし、塑性(プレス)加工技術の可能性を追求しつづけてきた東プレ株式会社。コア技術であるプレス加工技術と金型設計技術を発展させることで事業領域を拡げ、車両骨格などの自動車関連製品を筆頭に、冷凍車両、空調機器関連製品、電子機器製品の4事業を展開している。

主力製品である自動車用プレス部品は北米と中国を中心に、インド、タイ、インドネシアへも進出。グローバルに展開する自動車メーカーのニーズに応えるべく、今後も積極的に海外展開を推進していく。その他、国内トップクラスのシェアを誇る冷凍車両事業、日本製ハイエンドキーボード『REALFORCE』シリーズを生産する電子機器製品事業など、コア技術を核に多様な領域で市場から高い評価を獲得している。

東プレの強みは卓越した技術と、それを最大限に引き出す自由な発想力だ。独立系メーカーである同社は既存の概念にとらわれない自由なアイデアで技術を追求することを重視しており、これから入社する人材には「臆することなく、様々なことへチャレンジしてほしい」「新たな発想で『東プレの当たり前』を壊してほしい」と期待している。自由度の高い風土で技術や製品を追求したいという理系学生にとって格好の環境といえるだろう。

詳細を読む

先輩インタビュー

東野 智充

ひがしの・ともみつ

自動車機器事業本部 技術部 製品設計G 主任

上智大学大学院 理工学研究科 修了

業界の先陣を切って難度の高いものづくりに挑戦
プレス加工技術に強みを持つ独立系自動車部品メーカー

東プレに入社した理由を教えてください
学生時代は機械系を専攻し、精密加工関連の研究室でレーザー加工技術に関する研究に取り組んでいました。昔からクルマが好きだったこともあり、新卒時は推薦で完成車メーカーに入社。主にプレス部品用の成形シミュレーション、プレス金型の構想設計や金型の発注、調整業務などを3年ほど担当した後、結婚を機に生活拠点を首都圏に移したいと考え、転職を考え始めたのです。その際、前職で培った経験を活かせる、自動車用プレス部品に強みを持つ東プレが選択肢に上がりました。前職の頃から東プレのプレス加工技術レベルの高さは知っていましたし、特定の完成車メーカーグループに属さない独立系の自動車部品メーカーとして自由度の高いものづくりができる環境が決め手となりました。
現在の仕事について教えてください
主にクルマの骨格部分を構成する部品の設計に携わっています。クライアントである完成車メーカーからオーダーを受け、要求された部品性能を実現すべく、部品の形状をCADでモデリングします。その後、社内でシミュレーションを繰り返して問題点を分析し、クライアントや金型設計の担当者、生産工程の担当者と打ち合わせを繰り返しながらデータをつくり込み、求められる性能や量産の要件を満たす形状を追求していきます。
このように部品作りには多くの人が関わるため、技術力だけでなくコミュニケーション能力や調整力も欠かせません。様々な立場の人の意見に耳を傾けつつ、何が必要かをロジカルに判断しながら作業を進め、最適な形状を図面へ落とし込むとともに、次の設計へ繋げていくことが、より良いものづくりには欠かせないスキルだと感じています。
大学で学んだ理系の知識は活かせていますか
大学で学んだ3DCADの技術は、現在のモデリング業務に直接活きています。また、加工技術に関する知識や、シミュレーションや実験結果を比べて分析を繰り返すことで培われた「何を読み取って、どうするべきか」という分析力や考え方は、現在の仕事を進める上で大きな武器になっています。機械系や材料系、力学(流体など)系などの知識は業務との親和性が高く、ダイレクトに業務で活かせますし、実際にこれらの専攻出身者が数多く活躍しています。
これまでのキャリアで印象に残っている仕事を教えてください
当社は鉄の中でも非常に強度の高いハイテン材(高張力鋼)の加工に強みを持っていますが、ある完成車メーカーから通常の倍以上の強度の材質(超ハイテン材)での部品製作を依頼されたことがありました。強度が高いだけに成形が困難で、何度も形状を見直してモデリングとシミュレーションを繰り返しましたが、それでも上手くいかず、最終的には周囲のレイアウトを変更することで何とか製品にできる形状を導き出せました。モデリングデータを図面にして金型をつくり、綺麗な試作品が完成したときは本当に感動しましたね。
貴社で働く醍醐味や、やりがいは
クルマの部品メーカーは数多くありますが、東プレはクルマの性能に直結する骨格部品を数多く手がけています。また、長年にわたって磨き続けてきたプレス加工技術があり、完成車メーカーでも作れないような難度の高い製品を手掛け続けてきました。業界の先陣を切って難しいものづくりや新しい技術にチャレンジできる環境があることは当社で働く大きな魅力です。また、様々な完成車メーカーと仕事ができる独立系自動車部品メーカーなので、特定メーカーの技術に依存することなく、独自技術を自由に追求できますし、多様なメーカーと仕事ができるので知識や経験の幅も広がります。
理系学生へのメッセージをお願いします
私は新卒のとき、「クルマが好き」というシンプルな理由で完成車メーカーに入りましたが、今考えてみると私が本当にやりたかったことは、車の部品を設計する仕事や、プレス加工に特化した仕事でした。自分が好きなもの、興味があるものの構造や仕組み、それが作られている業界全体へと視野を広げることで、自分が進むべき道が見えてくるはずです。