日本通運株式会社

「運ぶ」という枠を超えた
日本通運における物流の真髄を知る

1937年、鉄道貨物ターミナルとお客様先を結ぶ「通運業」からスタートし、ものを運ぶことを通して社会の発展を支えてきた日本通運。現在では「運べないものは、ない」といえるほどに総合力と専門性を兼ね備えた企 ...
1937年、鉄道貨物ターミナルとお客様先を結ぶ「通運業」からスタートし、ものを運ぶことを通して社会の発展を支えてきた日本通運。現在では「運べないものは、ない」といえるほどに総合力と専門性を兼ね備えた企業として成長。今後も輸送ネットワークをグローバルに拡充し、物流から新たな価値を創り出し、社会発展に寄与することを理念としている。

同社では専門輸送分野において、理系出身の人材の活躍が期待されている。例えば、重量物の輸送から建設まで自社で一括して手がける重機建設事業や、物流システムの要件設定から開発、効果検証まで一貫して行う情報システムなどだ。また、繊細な取り扱いが必要な美術品輸送事業においても、CADなどを用いた検証などが必要なため、理系人材が求められている。理系学問で培った自身の強みを活かし、活躍できるフィールドは多岐にわたっているのだ。

日本通運のインターンシップでは、倉庫システム企画・提案を体験できる『ロジスティクスシステム体験コース』、輸出入における情報システムの役割を学ぶ『グローバルフォワーディングシステム体験コース』、特殊輸送を数多く手がける重機建設・重量品輸送について学ぶ『重機建設・重量品コース』、同社の事業や今後の物流業界について知ることができる『バリューコース』の4コースを実施。これらのプログラムを通じて、「運ぶ」という枠を超えた日本通運における物流の真髄を知ってほしい。

詳細を読む

先輩インタビュー

堀田 直紀

ほった・なおき

IT推進部

武蔵工業大学 環境情報学部 卒

理系のロジカルシンキングで無限大の選択肢の解を導く

日本通運に入社した理由を教えてください
大学で地球環境やエネルギー問題について学び、トラック等の貨物輸送を船や鉄道輸送に切り替える「モーダルシフト」を知ったことから、物流・運輸業界に興味を持つようになりました。物流・運輸の課題を解決するにはロジスティクス全体をサポートする企業でなければなりませんが、それが可能なのは日本通運だと考えました。
もともとITの知識や経験はありませんでしたが、日本通運全社のシステムを担うIT推進部であれば、多彩な輸送モードを駆使してロジスティクス全体を最適化できるということを知り、専門外だったIT推進部で挑戦してみたいと考え、入社を決めました。
IT推進部ではどのような業務を担当していますか
IT推進部は日本通運全体の情報システム全般に関わる企画・開発・運用や、情報システム基盤の構築・運用を行う部門です。IT推進部内には基幹システム、インフラ、セキュリティ、先端技術研究などの部門がある中で、私はお客様の商品管理を担う倉庫管理システムの導入支援を担当しています。私が担当したお客様はグローバルのアパレル企業や世界有数のIT企業など多岐にわたり、それぞれの企業が抱える課題も多種多様であり、ひとつとして同じものがありません。私たちはお客様にヒアリングを行いながらシステムの要件を設計し、課題や要望に応じたシステムの提案を行っています。
仕事の魅力について教えてください
お客様の業種や商品といった要素の組み合わせによって、私たちの提案は無限といえるほど幅があります。唯一の正解というものは存在しませんが、お客様の課題に対して、これまでの様々なプロジェクトで培ったノウハウをもとに試行錯誤し、最適解を導いていけるのはこの仕事の醍醐味です。システムの導入後、現場の方々が業務を開始してシステムが稼働した瞬間は、私たちにとってまさに「答え合わせ」の瞬間です。以前、あるグローバル企業の台湾拠点の立ち上げに携わったときには、日本企業では考えられないスピード感でシステムを構築することが求められました。私も迅速に意思決定していかなければなりませんでしたが、お客様と一体になってプロジェクトを推進していくのはエキサイティングな体験で、問題なく倉庫が業務を開始できたときには大きな達成感を得られました。
異分野であっても学生時代の経験は活かされていますか
私自身もITのバックグラウンドはありませんでしたが、私たちの業務においてプログラミングスキルは必須ではなく、ITについて学んでいない方であっても必ず活躍できます。私たちが自らプログラミングを行う場面は少なく、システムの企画を検討し、お客様の課題を解決するコンサルティングが主なミッションとなります。また、システムの企画には自由な発想力が求められますが、それを実現するプロセスは非常にロジカルであり、理系として培った論理性が活かされています。
理系学生にメッセージをお願いします
自分の専攻を活かすことにこだわるあまり、「物流や運輸業界は自分と関係ない」と将来の可能性を狭めないでほしいですね。漠然とドライバーや倉庫管理といったイメージを持つかもしれませんが、理系が求められているフィールドは非常に多彩です。物流は極論すればAからBにモノを運ぶというシンプルな世界でありながら、AからBに至るプロセスは無限大であり、一人ひとりのアイデアで解決できるのがこの仕事の魅力です。特に当社は「日本通運に運べないものは、ない」といわれるほど、個人の引っ越しから重量品や美術品まで多様なモノを運んできた知見があり、無限の可能性に挑むことができます。今までに培ってきたものを活かして、新しい世界に挑戦してほしいと思います。