東プレ株式会社

卓越した技術と自由な発想力で
プレス加工技術の可能性を追求する

1935年に自動車用プレス部品の製造開発メーカーとしてスタートし、塑性(プレス)加工技術の可能性を追求しつづけてきた東プレ株式会社。コア技術であるプレス加工技術と金型設計技術を発展させることで事業領域 ...
1935年に自動車用プレス部品の製造開発メーカーとしてスタートし、塑性(プレス)加工技術の可能性を追求しつづけてきた東プレ株式会社。コア技術であるプレス加工技術と金型設計技術を発展させることで事業領域を拡げ、車両骨格などの自動車関連製品を筆頭に、冷凍車両、空調機器関連製品、電子機器製品の4事業を展開している。

主力製品である自動車用プレス部品は北米と中国を中心に、インド、タイ、インドネシアへも進出。グローバルに展開する自動車メーカーのニーズに応えるべく、今後も積極的に海外展開を推進していく。その他、国内トップクラスのシェアを誇る冷凍車両事業、日本製ハイエンドキーボード『REALFORCE』シリーズを生産する電子機器製品事業など、コア技術を核に多様な領域で市場から高い評価を獲得している。

東プレの強みは卓越した技術と、それを最大限に引き出す自由な発想力だ。独立系メーカーである同社は既存の概念にとらわれない自由なアイデアで技術を追求することを重視しており、これから入社する人材には「臆することなく、様々なことへチャレンジしてほしい」「新たな発想で『東プレの当たり前』を壊してほしい」と期待している。自由度の高い風土で技術や製品を追求したいという理系学生にとって格好の環境といえるだろう。

詳細を読む

社名
東プレ株式会社
設立日
昭和10年4月30日
株式公開
東京証券取引所市場第一部上場
事業内容
○自動車の骨格などの自動車プレス部品
○食材などを安全にお届けする冷凍冷蔵車
○暮らしを快適にする空調システム製品
○IT社会に欠かせない電子機器製品
などを手掛けるメーカー
代表者
取締役社長 内ヶ崎 真一郎
従業員数
連結4,248名(2019年3月末日現在)
単独1,484名(2019年3月末日現在)
平均年齢
35.7歳
本社所在地
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-12-2(朝日ビル)
事業所
【工場】相模原、広島、栃木、岐阜、埼玉
資本金
56億1千万円(2019年3月末日現在)
売上高
連結2,013億6千5百万円(2019年3月期)
単独1,120億7千3百万円(2019年3月期)
経常利益
217億4百万円
関連会社
【国内】東プレ九州株式会社、東プレ東海株式会社、トプレック株式会社、東邦興産株式会社、東京メタルパック株式会社、東京金属工業株式会社、東京マルチファスナー株式会社

【国外】Topre America Corporation、東普雷(佛山)汽車部件有限公司、東普雷(襄陽)汽車部件有限公司、TOPRE(THAILAND)CO., LTD.、Topre Autoparts Mexico, S.A. de C.V.、PT.TOPRE REFRIGERATOR INDONESIA、Topre India Pvt. Ltd.
企業の特色
私たちの最大の特徴は「独立系メーカー」であることです。自動車部品、冷凍車、空調設備など、活躍のフィールドは多岐にわたりますが、オーダーされた製品を生産するわけではありません。独立系メーカーだからこそ系列に縛られることなく、既存の概念にとらわれない自由なアイデアで技術を追求することができます。
ビジョン
世界を、かたちづくる
社風
風通しが良く、若手でも確かな裏付けを持った意見や考えを大いに歓迎しています。がんばっている人には、がんばった分を評価するのが我が社のモットー。
「自分で考え、自ら行動する」。そうした若手社員に期待する気持ちは特に強くあります。
若いうちから責任のある仕事を任せることも珍しくありません。どんどんチャレンジして、あなたのスキルアップにつなげてほしいです。
企業理念
卓越した技術を以て製品・サービスを創造して社会に貢献し、永続的に繁栄する企業へ
理系が活躍している部門・職種
開発、設計(製品設計・型設計)、生産技術、技術営業、知財、情報システム、調達、品質管理など、4事業それぞれの様々なポジションで、理系出身者が活躍しています。
『理系』の枠ににとらわれない営業や人事など他職種へのチャレンジも、もちろん大歓迎です。
(※入社後のジョブローテーション制で将来的なチャレンジも可能です)
URL
https://www.topre.co.jp/