オムロン株式会社

社会がまだ気づいていない
潜在的なニーズを創造し、実現する

オムロンは1933年の創業以来、「事業を通じてよりよい社会づくりに貢献すること」を使命とし、世に先駆けてイノベーションを生み出すという「ソーシャルニーズへの創造」へのチャレンジを続けてきた。例えば、世 ...
オムロンは1933年の創業以来、「事業を通じてよりよい社会づくりに貢献すること」を使命とし、世に先駆けてイノベーションを生み出すという「ソーシャルニーズへの創造」へのチャレンジを続けてきた。例えば、世界初の無接点近接スイッチや無人駅システムの開発を通じ、同社は社会の発展に大きく貢献している。

それは、いまも変わることのないオムロンの理念として息づいている。現在は、今後新たな社会的課題が顕在化することが想定される“ファクトリーオートメーション”、“ヘルスケア”、“ソーシャルソリューション”の3つを注力ドメインとし、各ドメインの社会的課題をコア技術「センシング&コントロール+Think」を活用したイノベーションで解決していく。例えば、ファクトリーオートメーションでは、AIやIoT、ロボティクスでモノづくりを革新し工場の自動化を推進。ヘルスケアは、独自の生体センシング技術により、一人ひとりに最適なパーソナライズ医療の提供を目指す。ソーシャルソリューションでは、快適で安心・安全、クリーンな社会づくりに貢献。そして、それらを支えるデバイスやモジュールの提供まで手掛けている。

よりよい社会づくりに向けてオムロンが若いチカラに寄せる期待は大きい。「グローバルなフィールドで、技術を軸にイノベーションを生み出し社会的課題を解決したい」そんな想いを抱いている理系学生からの挑戦を同社は待っている。

詳細を読む

社名
オムロン株式会社
設立日
1948年(昭和23年)5月19日
事業内容
制御機器・FAシステム、電子部品などの研究開発・製造・販売
産業分野から環境まで、社会に潜在する様々な“ソーシャルニーズ”を捉えた事業推進の実践。コア技術である「センシング&コントロール技術」にThinkの概念をプラスし、人と機械が最適に調和した新しいオートメーションを追求。
代表者
代表取締役社長 CEO 山田 義仁
本社所在地
〒600-8530 京都市下京区塩小路通堀川東入
事業所
【本社】京都
【研究開発拠点】京阪奈イノベーションセンタ、岡山事業所
【生産・開発拠点】草津事業所、綾部事業所、野洲事業所、国内営業拠点および海外事業所
資本金
641億円
URL
https://www.omron.co.jp/