株式会社構造計画研究所

「工学」×「コンサルティング」

※2021新卒の採用は終了しました。
 たくさんのご応募ありがとうございました。

ただソフトウェア開発やコンサルティングするだけでなく、+αのアカデミックな「工学知」を乗せたソリューションを提供する ...
※2021新卒の採用は終了しました。
 たくさんのご応募ありがとうございました。


ただソフトウェア開発やコンサルティングするだけでなく、+αのアカデミックな「工学知」を乗せたソリューションを提供する――。

構造計画研究所の始まりは今で言う「学内ベンチャー」としてスタートした建築の構造設計事務所。1960年代には既に「建築物の構造設計で必要になる」と予見して他社に先駆けてコンピューターを導入。ソフトウェア開発技術のみならずシミュレーション技術に磨きを掛け、リスク分析やオペレーションズ・リサーチ(OR)などの知識も蓄えてきた。

そうしたアカデミックな専門性とシステム開発のノウハウを持つ同社には、いつしか業界の壁を超え、携帯電話などの電波の伝搬シミュレーション、画像処理による人や物の動線分析など、様々な相談が寄せられるようになる。顧客の抱える課題を「工学知」で解決し、そのロジックをシステムやアウトプットに落とし込む。そうすることで、今まで誰もやったことがないような数々のプロジェクトを成功に導いたのが構造計画研究所なのだ。

時に大学の研究者、時に産業界の最前線で活躍するビジネスパーソンとパートナーシップを組み、大学、研究機関と実業界をブリッジする。世間の「コンサルティング企業」とは違う立ち位置にあり、理系としての特性を大いに発揮できる企業だといえるだろう。

詳細を読む

社名
株式会社構造計画研究所
設立日
1959年5月6日
株式公開
東京証券取引所 JASDAQスタンダード
事業内容
■意思決定・合意形成支援分野
複雑系・データ分析技術を利用した意思決定支援分野のコンサルティング

■建設・防災分野
耐震・免制震に関する構造設計・構造解析技術の研究開発
風力発電施設の構造設計
地震防災コンサルティングおよび地震動評価システムの開発

■情報・通信分野
通信プロトコルレベルからの研究開発(アドホックネットワーク、次世代無線ネットワーク)
電波伝搬シミュレーションに関する研究開発

■製造分野
設計者自身がシミュレーションしながら設計検討するCAE分野でのコンサルティングサービス
CAD技術を基盤とした設計・営業・生産現場を結ぶシステム開発
代表者
代表取締役社長 服部 正太
従業員数
577名(2018年9月5日現在)
平均年齢
40.6歳
本社所在地
東京都中野区本町4丁目38番13号
日本ホルスタイン会館内
事業所
・本所、本所新館、本所別館
 中野イノベーションオフィス:東京都中野区
・熊本構造計画研究所:熊本県菊池郡大津町
・大阪支社:大阪府大阪市中央区
・名古屋支社:愛知県名古屋市中区
・福岡支社:福岡県福岡市博多区
・上海駐在員事務所:中華人民共和国上海市
・KKE SINGAPORE PTE. LTD. :シンガポール
資本金
10億1,020万円
売上高
2018年6月期 115.00億円
2017年6月期 118.52億円
2016年6月期 109.47億円
経常利益
2018年6月期 10.8億円
2017年6月期 9.00億円
2016年6月期 9.43億円
企業の特色
「曖昧な現実を科学する」をテーマに社会のニーズを知り、さまざまな知識や経験を融合させて新しい「解」を作り出す。
「現実」の中の不確実な要素について、その構造を理解し、その中に潜むルールを見つけ、社会に役立てること。
それが私たちのシゴトです。
ビジョン
■ Innovating for a Wise Future
・工学知をベースにした有益な技術を社会に普及させることでより賢慮にみちた未来社会をステークホルダーと共に創出していきたい、社会を創造するプロセスを言い表すため"Innovating"という言葉を用いて、ビジョンとして"Innovating for a Wise Future"を標榜しています。
企業理念
構造計画研究所は、大学、研究機関と実業界をブリッジするデザイン&エンジニアリング企業として、社会のあらゆる問題を解決し、「次世代の社会構築・制度設計」の促進に貢献します。
理系が活躍している部門・職種
技術系部門、営業部門、マーケティング部門
URL
http://www.kke.co.jp/