三井物産株式会社

世界の未来を、世界とつくる。

金属、機械・インフラ、化学品、エネルギー、生活産業、物流・金融・情報産業――あらゆる領域における「川上」から「川下」まで、ビジネスのバリューチェーン上で多様な付加価値を創造している三井物産。

三井物 ...
金属、機械・インフラ、化学品、エネルギー、生活産業、物流・金融・情報産業――あらゆる領域における「川上」から「川下」まで、ビジネスのバリューチェーン上で多様な付加価値を創造している三井物産。

三井物産は二つの軸による独自の営業組織を構成し、事業活動を展開している。一つは、商品を軸とした15の営業本部であり、各営業本部はそれぞれの商品戦略の下、独自に事業を展開。また、営業本部間の横のつながりを深めて連携し合うことで総合力を発揮し、横断的な事業にも取り組んでいる。もう一つは、地域を軸とした3つの地域本部だ。海外市場を「米州」「欧州・中東・アフリカ(EMEA)」「アジア・大洋州」の地域に分け、地域ごとに独立性を持たせた三極体制を構築。地域本部は各地域の地場の情報を十分に知るエキスパートであり、地場の有力企業と密接な関係を築くことで、三井物産のグローバル戦略の基軸となっている。

三井物産では理系出身者が多様な部門において「常識に囚われることなく、自ら仮説を立て、問題解決に向けて戦略を立案実行できる」素養を活かして活躍している。世界で戦える人材に成長したいという理系学生にとって魅力的なフィールドといえるだろう。

詳細を読む

社名
三井物産株式会社
設立日
1947年(昭和22年)7月25日
事業内容
鉄鋼製品、金属資源、プロジェクト、モビリティ、化学品、エネルギー、食料、流通事業、ヘルスケア・サービス事業、ICT事業、コーポレートディベロップメントの各分野において、全世界に広がる営業拠点とネットワーク、情報力などを活かし、多種多様な商品販売とそれを支えるロジスティクス、ファイナンス、さらには国際的なプロジェクト案件の構築など、各種事業を多角的に展開。
代表者
代表取締役社長 安永 竜夫
従業員数
5,772名(連結従業員数43,993名)
(2019年3月31日現在)
本社所在地
〒100-8631
東京都千代田区丸の内一丁目1番3号(登記上の本店所在地)
日本生命丸の内ガーデンタワー

〒100-8631
東京都千代田区大手町一丁目3番1号
JAビル
事業所
事業所数:139拠点/66ヶ国・地域
国内:12(本店:1 支社:6 支店:5)
海外:127(海外店:32 現地法人:95(現地法人本店34))
(2019年4月1日現在)
資本金
341,481,648,946円(2019年3月31日現在)
売上高
【収益】6兆9,575億円(2019年3月期)
企業理念
Mission
大切な地球と、そこに住む人々の夢溢れる未来作りに貢献します。

Vision
世界中のお客様のニーズに応える「グローバル総合力企業」を目指します。

Values
・「Fairであること」、「謙虚であること」を常として、社会の信頼に誠実に、真摯に応えます。
・志を高く、目線を正しく、世の中の役に立つ仕事を追求します。
・常に新しい分野に挑戦し、時代のさきがけとなる事業をダイナミックに創造します。
・「自由闊達」の風土を活かし、会社と個人の能力を最大限に発揮します。
・自己研鑽と自己実現を通じて、創造力とバランス感覚溢れる人材を目指します。
理系が活躍している部門・職種
全ての事業領域にて活躍。
URL
http://www.mitsui.com/jp/ja/