日本通運株式会社

「運ぶ」という枠を超えた
日本通運における物流の真髄を知る

1937年、鉄道貨物ターミナルとお客様先を結ぶ「通運業」からスタートし、ものを運ぶことを通して社会の発展を支えてきた日本通運。現在では「運べないものは、ない」といえるほどに総合力と専門性を兼ね備えた企 ...
1937年、鉄道貨物ターミナルとお客様先を結ぶ「通運業」からスタートし、ものを運ぶことを通して社会の発展を支えてきた日本通運。現在では「運べないものは、ない」といえるほどに総合力と専門性を兼ね備えた企業として成長。今後も輸送ネットワークをグローバルに拡充し、物流から新たな価値を創り出し、社会発展に寄与することを理念としている。

同社では専門輸送分野において、理系出身の人材の活躍が期待されている。例えば、重量物の輸送から建設まで自社で一括して手がける重機建設事業や、物流システムの要件設定から開発、効果検証まで一貫して行う情報システムなどだ。また、繊細な取り扱いが必要な美術品輸送事業においても、CADなどを用いた検証などが必要なため、理系人材が求められている。理系学問で培った自身の強みを活かし、活躍できるフィールドは多岐にわたっているのだ。

日本通運のインターンシップでは、倉庫システム企画・提案を体験できる『ロジスティクスシステム体験コース』、輸出入における情報システムの役割を学ぶ『グローバルフォワーディングシステム体験コース』、特殊輸送を数多く手がける重機建設・重量品輸送について学ぶ『重機建設・重量品コース』、同社の事業や今後の物流業界について知ることができる『バリューコース』の4コースを実施。これらのプログラムを通じて、「運ぶ」という枠を超えた日本通運における物流の真髄を知ってほしい。

詳細を読む

社名
日本通運株式会社
設立日
1937年(昭和12年)10月1日
株式公開
東証・大証1部
事業内容
重量品・プラントの輸送・建設、特殊輸送、自動車輸送、鉄道利用輸送、海上輸送、船舶利用輸送、利用航空輸送、倉庫、通関、情報処理・解析などの物流事業全般 および関連事業
代表者
代表取締役社長 齋藤 充
従業員数
31,871人(2018年3月現在)
本社所在地
〒105-8322 東京都港区東新橋1丁目9番3号
事業所
国内344支店(2018年12月時点)、海外46ヶ国299都市701拠点(2018年12月末時点)
資本金
701億7,500万円
売上高
1兆945億4,900万円(2018年3月)
経常利益
467億9,500万円(2018年3月)
関連会社
ロジスティクス関連会社254社、物流サポート関連会社15社
企業の特色
物流とは、ただモノを右から左に運ぶことではなく、モノが本来の価値を発揮できるよう動かし、送る人の思いをなんとしても実現することです。
「どんなときでも、あらゆる手段を尽くして最善の方法を見つけ出し、必ずやり遂げる」
日本通運は、強い意志と使命感、誇りをもった社員一人ひとりによって、支えられています。
ビジョン
グローバルに人やモノが動いていくなかで、物流に求められる技術もますます複雑化・高度化しています。また、AI・自動化というテクノロジーが進化していくなかでも、ビジネスの転換・創出が求められます。そのため、社員一人ひとりが自らを進化させ、新たな市場創造に取り組み続けます。
社風
若手から年配まで幅広い年代の社員がいますが、意見交換を活発に行い働く仲間を大切にする、風通しが良い会社です。
また、若いうちから大きな仕事を任せられる環境にあります。
企業理念
「私たちの使命 それは社会発展の原動力であること」
「私たちの挑戦 それは物流から新たな価値を創ること」
「私たちの誇り それは信頼される存在であること」
事業戦略
2019年4月より新経営計画「日通グループ経営計画2023~非連続な成長"Dynamic Growth”」がスタートしました。日本で培った顧客基盤・事業をグローバルに成長させるとともに、国内においてはさらなる成長戦略に取り組むとともに収益性改善し、強い経営基盤を構築し、グローバル市場で存在感を持つロジスティクスカンパニーを目指していきます。
理系が活躍している部門・職種
■重量品輸送・重機建設 
・超重量品からハイテク設備まであらゆる特殊輸送
・重機の据え付け工事
■美術品輸送 
世界各国の文化遺産を運ぶ美術品輸送
■情報システム
ITテクノロジーで物流を総合的にサポートする情報システムの設計、企画、運用
■メーカー企業への営業
お客様の物流に関する課題に対する営業
■管理
総務、業務、経理など管理業務
URL
http://www.nittsu.co.jp