日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社

ハイブリッドの力で世界と日本の知見を
融合した最高のソリューションを提供

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは、インドに拠点を置く世界有数のコングロマリット、タタ・グループのIT企業タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)と、三菱商事の合弁会社だ。

TCSは46カ国に ...
日本タタ・コンサルタンシー・サービシズは、インドに拠点を置く世界有数のコングロマリット、タタ・グループのIT企業タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)と、三菱商事の合弁会社だ。

TCSは46カ国に40万人超のプロフェッショナルが在籍する世界屈指のIT企業であり、世界有数のブランド評価会社であるBrand Financeから「世界で最も急成長を遂げるグローバルITサービスのブランド」として評価されている。TCSが有する業界最高水準のITサービス・ソリューション・デリバリー力、そして三菱商事の日本市場における豊富な知見を駆使し、日本企業のグローバル化とビジネス変革を支援する。世界と日本の卓越した知見の融合(=ハイブリッド)が生み出すダイナミズムを経験しながら、自身の可能性を切り拓く場を社員に提供している。

同社にはインド視察を含む充実した新入社員向けラーニングプログラムが用意されており、ITエンジニアとして着実な一歩を踏み出すことができる。配属後も先輩社員が専属トレーナーとして一人ひとりの成長をサポート。全世界共通のプラットフォームを通じて、最新の業界知識や先端技術に関する膨大なデジタルラーニングプログラムを利用できる。また、若手社員の多くがハイブリッドプロジェクトに参画し、世界各地のTCS社員と言語や文化の壁を越えて協働する中で、世界に通用するITプロフェッショナルとしてのキャリアを歩んでいる。

詳細を読む

社名
日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社
設立日
2014年7月1日
事業内容
ITサービス、コンサルティング、ビジネスソリューション
代表者
代表取締役社長 垣原 弘道
従業員数
約3,200名 ※2020年4月1日現在
本社所在地
〒105-8508 東京都港区芝公園四丁目1番4号
事業所
本社(東京都港区)【東京・都心エリア】
西日本支社(大阪府大阪市)【大阪・大阪市エリア】
中部支店(愛知県名古屋市)【愛知・名古屋エリア】
資本金
43億2,750万円
売上高
220億ドル(TCS本体) ※2020年3月時点
ビジョン
業界最高水準のITサービス・ソリューション・デリバリー力、日本市場に関する豊富な知見を駆使し、「Gateway to Globalization ― 業種やビジネスの拠点問わず、競争力を高めるパートナー」、そして「Catalyst for Technology-led Business Innovation ― ITやデジタル技術を駆使し、ビジネス変革を加速するパートナー」として、日本企業を支援しています。
企業理念
創業の精神
タタ・グループは信頼されるリーダーとして、ビジネス活動を行う世界各国で、長期的な価値の創造を通じ、人々の生活の質を高めることを目指しています。グループの創業者ジャムシェトジー タタが述べたように、「企業にとって、地域社会は単なるステークホルダーではない。地域社会への貢献が、存在目的そのものである」と私たちは考えます。
事業戦略
世界と日本の知見を融合した最高のソリューションをお客様にお届けするため、日本とグローバルのハイブリッドなチーム編成でデリバリーを行います。ビジネスパートナーやインドにある日本企業専用デリバリーセンターを含む総勢8,000人のプロフェッショナルが、日本のお客様をサポートしています。世界中に分散する複数のチームが協業し、効果的にアジャイル開発を進めていく体制により、群を抜くスピードと品質を実現します。
URL
http://www.tcs.com/jp