日神不動産グループ

マンションに関するあらゆる業務を手掛ける
東証一部上場の総合デベロッパー

日神不動産は、首都圏を中心に自社ブランドマンション「パレステージ」「デュオステージ」を供給し、マンションに関わる業務全般を手掛けている東証一部上場の総合デベロッパーだ。「住宅を通してお客様の幸福を願う ...
日神不動産は、首都圏を中心に自社ブランドマンション「パレステージ」「デュオステージ」を供給し、マンションに関わる業務全般を手掛けている東証一部上場の総合デベロッパーだ。「住宅を通してお客様の幸福を願う」という企業理念を掲げ、1975年の設立以来、提供してきたマンションの販売戸数は3万戸におよぶ。同社はマンションの企画から設計、施工、販売、賃貸・売買仲介、管理まで、一連の業務をグループ内で行う『トータルサポート』体制により付加価値の高いマンションを供給してきた。近年はマンション分譲事業のみならず総合不動産業・建設業として、仲介、リフォーム、リノベーションや不動産証券化事業など、事業フィールドを拡大している。

日神不動産における代表的な理系の活躍フィールドは、マンション用地に関する情報収集・調査や仕入れなどを担当する「開発事業部」と、設備や仕様の選定、工事中の品質管理検査等を行う「設計部」だ。特に設計業務においては、物件企画から引渡し後のメンテナンスまで、担当物件における幅広い業務に携わることができ、総合デベロッパーならではの仕事の醍醐味を感じられるはずだ。また、「希望部署・希望勤務地」での選考なので異動や転勤は基本的になく、仕事に専念できるという。

詳細を読む

先輩インタビュー

森 匠喜

もり・しょうき

日神不動産株式会社 第3開発事業部 開発1課

東京工業大学 工学部 社会工学科 卒

建物に関わる多くの関係者の意見・立場を尊重し、
円滑にプロジェクトを進めていく

日神不動産を就職先として選んだ理由を教えてください
大学では都市計画・まちづくり分野の研究室に所属していました。人口減少が進んだ地域の空き家を再利用してコミュニティスペースを作るというプロジェクトに関わっていたこともあり、大学3年のころには不動産業界に就職したいという希望を固めていました。就職活動ではいくつかの不動産デベロッパーを検討しましたが、用地仕入れから建物の建設、竣工後の物件管理まで一貫して携わることができる会社に興味が強まっていきました。最終的に絞り込んだ結果、マンションデベロッパーとして豊富な実績を誇り、グループ内に建設会社を抱えている日神不動産を選択しました。自社グループの建設会社であれば連携もしやすいですし、広い視野でまちづくりに関わることができる独自の強みに魅力を感じたのです。
現在の仕事内容について教えてください
日神不動産は分譲物件をメインに扱っていますが、私は投資用の賃貸物件を担当する部門に所属しています。具体的な仕事内容としては、物件の着工から竣工までの管理・報告や物件の仕様決定が主となっております。また、分譲物件・賃貸物件に関わらず検討物件の工事費用を見積ることなども任されています。週に3日ほどは建設現場に赴いて、多くの関係者と進捗確認や打ち合わせを行ったり、オフィスにいるときは現場からの問い合わせに対応していることが多いですね。
また、投資用の賃貸物件なので、設計や建築を担当する設計事務所、ゼネコン、サブコンに加え、機関投資家やグループ会社の日神不動産投資顧問との調整業務も発生します。施主(工事の発注者)である私たちは、多くの関係者の意見や立場を尊重した上でプロジェクトを円滑に進めていく役割が求められます。
仕事のやりがい、面白さについて教えてください
入社一年目なので、最初は建築や金融の専門知識の習得などで苦労しましたが、先輩の指導もあって、担当した物件の竣工・引き渡しに立ち会えたときは本当に嬉しかったです。一つの物件を建てるだけでも、様々な考えを持った多くの関係者が関わっていますし、そうした方々の考えや想いを汲み取りつつ、完成したマンションに住む人たちの生活も想像しながら進めていく仕事に大きなやりがいを感じています。
理系の素養はどのような場面で活かせていますか
様々な情報や事象を整理して検証し、論理的に結論を導き出すロジカルシンキングは日々の仕事でも非常に役立っています。例えば私たちは、ゼネコンや設計事務所、不動産投資に関わる方々など、立場の異なるベテランの方々と打ち合わせをすることも多くありますが、知識や経験だけでは今の時点では敵いません。ただ、私たちは施主として、物事をしっかり整理した上で「なぜ、こうしなければいけないのか」ということを論理的に説明し、すべての関係者に納得してもらい工事を進めていく必要があります。プロジェクトを円滑に進めるためには、論理的に考えてわかりやすく伝えるスキルが欠かせないと感じています。
理系学生へのメッセージをお願いします
自分が本当に望んでいる仕事ができるかどうかをしっかり確認してほしいと思っています。会社が属している業界や知名度だけで判断し、入社してから「思っていた仕事内容と違う」と感じてしまう可能性を少なくするために、それぞれの会社がどんな強みを持ち、どういったプロセスで仕事をしているのかについてよく調べておく必要があります。同じ業界・業種、同じ職種であっても、会社によって仕事の内容がまったく違うことも珍しくありませんので、ウェブサイトやパンフレットといったツールだけではなく、説明会やOB/OG訪問といった手段を最大限利用して、見極めてほしいですね。