第一生命保険株式会社

「持続的な価値創造」の実現に向けて
新たなチャレンジを続ける生命保険会社

日本初の相互会社として発足した第一生命は2010年に株式会社化し、2016年には持株会社体制へ移行、第一生命ホールディングスとして新たなスタートを切った。国内生命保険事業では、「第一フロンティア生命」 ...
日本初の相互会社として発足した第一生命は2010年に株式会社化し、2016年には持株会社体制へ移行、第一生命ホールディングスとして新たなスタートを切った。国内生命保険事業では、「第一フロンティア生命」を通した貯蓄性商品の拡販を展開し、加えて大手生保代理店・お客様接点の更なる強化のため2016年には新たに「ネオファースト生命」を設立。国内では「3生保体制」でお客さまの多様なニーズに応えるため、充実した商品ラインナップでサービスを提供している。海外生命保険事業では、北米において「プロテクティブ社」を買収し傘下に加え、業界を先駆けて展開していたベトナムやタイなどのアジアパシフィック地域と日本を合わせ「グローバル三極体制」で事業を進める。新たな価値創造にむけて常に新たなチャレンジを続けている。

そんな第一生命グループが理系人財に期待する役割は大きい。「生保」と聞くと、文系出身の営業職をイメージする方もいるかもしれないが、保険商品の設計や資産運用、さらには中長期的な経営戦略立案など、理系の力は大いに役立つ。また、生命保険会社の業務において、数理能力や分析経験などの素養が求められるアクチュアリーやクオンツといった専門職で理系は不可欠な存在となっているのだ。理系の素養を活かせる生命保険業界のグローバルなフィールドでプロフェッショナルを目指し、挑戦してみてはいかがだろう。

詳細を読む

社名
第一生命保険株式会社
設立日
1902年9月15日
事業内容
生命保険業
(1)個人及び企業向け各種保険・年金商品の引受、 契約保全サービス等の保険料業務及び関連業務
(2)有価証券投資・貸付・不動産投資などの資産運用
(3)他の保険会社その他金融業を行う者の代理または事務代行
(4)投資信託の窓口販売業務等
代表者
代表取締役社長 稲垣 精二
従業員数
55,284名(内勤職11,019名、営業職44,265名)
本社所在地
〒100-8411 東京都千代田区有楽町1-13-1
事業所
【本社】東京 
【総局・営業局】大阪、名古屋、札幌、福岡
【支社】全国主要都市88カ所
【営業オフィス等】全国各地1,265カ所
【海外現法】ニューヨーク、ロンドン、ホーチミン、ムンバイ、バンコク、オーストラリアほか
資本金
600億円
売上高
2兆3,149億円(2018年4月~2019年3月)※保険料等収入
ビジョン
第一生命保険はより柔軟な経営戦略を実現するため2010年4月1日に株式会社化し上場を果たしました。「安心の最高峰を、地域へ、世界へ」お届けするべく、海外事業の展開やM&Aなど柔軟な経営戦略を実践し、米プロテクティブ社を子会社化するなどグループの事業構造を大きく変化させてきました。一方で、創業以来変わらないお客さま第一主義(一生涯のパートナー)の理念のもと、一人ひとりの多様な人生に合わせた最適なサービスを提供し続けます。
理系が活躍している部門・職種
・アクチュアリーコース
主計部、団体年金事業部、国内外グループ会社を中心に企画・管理部門、海外事業部門で活躍

・クオンツ&データサイエンティストコース
資産運用部門、リスク管理部門、みずほ第一フィナンシャルテクノロジー社で活躍

・オープンコース
当社の全ての領域(リーテイル、資産運用、IT・システム、企画・管理分野等)で活躍
社員の働く環境
「プロフェッショナル&チームワーク」という考え方のもと、自ら積極的に挑戦・変革し、周囲を巻き込み鼓舞しながら共に成長することができる人財を育てられるよう、様々な人財育成プログラムを準備しています。また、多様な人財が仕事家庭を両立しながら、活き活きと働くことができる職場環境づくりに取り組んでおり、女性の活躍推進やファミリーフレンドリー制度の充実、労働時間の縮減、男性の育児参画推進等によるワーク・ライフ・マネジメントの推進に取り組んでいます。
グループ
第一フロンティア生命保険、ネオファースト生命、アセットマネジメントOne、みずほ第一フィナンシャルテクノロジー、第一生命情報システム、第一生命経済研究所、プロテクティブ社(アメリカ)、第一生命ベトナム(ベトナム)、TAL(オーストラリア)、バニン・第一ライフ(インドネシア)、スター・ユニオン・第一ライフ(インド)等
URL
http://www.dai-ichi-life.co.jp/