みずほ情報総研株式会社

コンサルティングの高い専門性と先端ITの融合で、
お客さまと社会の課題を解決

詳細を読む

グローバルな金融規制強化、金融とITを融合した「FinTech(フィンテック)」の急速な進展など、金融業界は大きな転換期を迎えており、新しい視点と確かな技術による真のソリューションが求められている。みずほフィナンシャルグループが目指しているのは、各社が有する高いリサーチ&コンサルティングと金融機能を有機的に組み合わせ、複雑かつ高度化する課題を解決へと導ける「総合金融コンサルティンググループ」だ。

みずほ情報総研が行うコンサルティングやシステム構築は、社会のインフラとして必要不可欠なものが多く、その事業領域は広範で壮大であり、コンサルティングとITの融合でお客さまと社会の課題を解決していることが特徴だ。例えば、省エネ社会の実現に向けた仕組み作りでは、環境エネルギー分野で培ったコンサルティングのノウハウ、IT技術を活かし、政策提言からシステム開発・導入まで一貫して手がける。AIやビッグデータ、画像解析、シミュレーション技術等の先端情報・科学技術の戦略策定から研究開発支援も同社が担う。

みずほ情報総研の特色は、金融のみならず幅広い事業フィールドで、クライアントの顕在化している課題だけでなく、潜在的なニーズや課題を見つけ出し、クライアントとともに長期的な戦略構築に取り組むソリューションの姿勢だ。それゆえ、『お客様とともに成長できるやりがい』が、みずほ情報総研にはあるといえるだろう。


※画像:風車周り流れのLES解析:風車後流の渦構造の可視化結果
社名
みずほ情報総研株式会社
設立日
2004年10月1日
事業内容
コンサルティング、システムインテグレーション、アウトソーシング
代表者
代表取締役社長 西澤 順一
従業員数
4,700名
平均年齢
42.8歳
本社所在地
〒101-8443 東京都千代田区神田錦町2-3 竹橋スクエアビル
事業所
北新宿事業所、品川シーサイド事業所、中目黒事業所、西葛西事業所、白山事業所ほか
資本金
16億2,750万円
売上高
2,434億円(2018年3月期・単独)
社風
自らのキャリアは自らの手で勝ち取る風土を醸成し、プロセスや成果に対してこだわりを持ち、結果に対して責任を持つことを重視しています。
「人材が最大の財産」という考えのもと、人材育成を強力に推進しています。
URL
http://www.mizuho-ir.co.jp/index.html