JR東海(東海旅客鉄道株式会社)

DEAR JAPAN ~次なる日本の創造~

詳細を読む

開業以来、約60億人もの人々に利用されてきた東海道新幹線。日本経済の大動脈にもたとえられている「東京―名古屋―大阪間の旅客輸送の維持発展」を「使命」に掲げ続けてきたJR東海は、まさに今日の日本を形づくる一端を担ってきたと言っても過言ではないだろう。

同社は主軸となる鉄道事業のほか、ホテルや百貨店といった関連事業など、様々なフィールドに幅広く事業を展開。さらに現在は超電導リニアによる中央新幹線の実現に向けた諸準備を着実に進めている。また、東海道新幹線、超電導リニアの開発で培った高速鉄道技術を活用した海外高速鉄道プロジェクトにも取り組んでいる。今後もより総合的に「使命」を果たすべく、多様な人材を積極的に採用していく意向だ。

そんな同社が鉄道事業に必要な特性として挙げるのは、長期的な視野に立って物事を考えることができる力と、日々の業務を確実に遂行できる力の両方をバランスよく持ち合わせていること。このほかにもさまざまな個性を持った人に活躍のチャンスは用意されているという。

東海道新幹線が今日の日本を創ってきたように、JR東海にはこれからの日本を創る様々なプロジェクト、夢のあるスケールの大きな仕事が待っている。鉄道を創れば生活が変わり、経済が変わり、社会が変わる。JR東海は常に挑戦を続け、次なる日本を創造していく。
社名
JR東海(東海旅客鉄道株式会社)
設立日
1987年4月1日
事業内容
東海道新幹線の運営を軸とした鉄道事業、関連事業(流通業、不動産業、ホテル業、旅行業など)
代表者
代表取締役社長 金子 慎
従業員数
28,867名[連結]、18,116名[単体] ※2018年3月末現在
本社所在地
(東京) 〒108-8204 東京都港区港南二丁目1番85号 JR東海品川ビルA棟
(名古屋)〒450-6101 名古屋市中村区名駅一丁目1番4号 JRセントラルタワーズ
事業所
○本社(名古屋、東京)
○東海鉄道事業本部(名古屋)
○静岡支社
○新幹線鉄道事業本部(東京)
○関西支社
○ワシントン事務所
○ロンドン事務所
○シドニー事務所 など
資本金
1,120億円
売上高
1兆8,220億円[連結・2018年3月期]/1兆4,274億円[単体・2018年3月期]
経常利益
5,835億円[連結・2018年3月期]/5,476億円[単体・2018年3月期]
関連会社
ジェイアール東海高島屋、日本車輌製造株式会社、ジェイアール東海ホテルズ など
企業の特色
JR東海は、東京・名古屋・大阪を結ぶ東海道新幹線、および名古屋・静岡地区を中心とした在来線の運営を担うとともに、鉄道事業との相乗効果が期待できる分野を中心に関連事業を展開しています。また、現状にとどまることなく、超電導リニアによる中央新幹線計画や高速鉄道システムの海外展開など、次の日本を創るプロジェクトにも取り組んでいます。
社風
鉄道の「安全・安定輸送」を確保するため、社員一人ひとりが自らの責任を果たし、チームワークよく日々の業務に取り組んでいます。
理系が活躍している部門・職種
新幹線および在来線の鉄道運営に関わる部門
技術開発部門
建設工事部門
超電導リニア部門
経営に関わる部門
URL
http://jr-central.co.jp/