森北出版株式会社

広大な「知」の世界に、人生を通して向き合う仕事。

詳細を読む

「科学技術の発展に貢献したい」という想いを抱き、理工学系専門書の出版編集を手掛けている森北出版。1940年の創業以来、理解しやすく、実践的で、体系化された情報を、次世代の科学の担い手に提供し続けてきた。発行している専門書の領域は、機械工学、電気・電子工学、情報工学、土木工学、建築学、数学、物理学、化学など多岐にわたる。特に工学系では高いシェアを誇り、多くの学生が同社の書籍を手にしているはずだ。その森北出版が新卒採用を行うのは、同社発行の書籍を生み出す編集者。理系として培ってきた様々な領域の専門知識と、専門書を読み込んだ読者視点を活かして、書籍の編集に貢献してほしいと同社は考えている。

森北出版の特長は、経験の長さに関係なく、若手社員も主力商品の編集に携わっているという点。入社年次に関係なく、魅力的な企画であれば、速やかに発行につなげることが可能だ。 個人の裁量が大きい風土は、自分の手で何かを形にしたいと考える方にとって絶好の環境といえるだろう。科学者やエンジニアの知の礎となる書籍をあなたの手で生み出し、科学技術の発展に貢献する。そんな仕事を手掛けてみたいという理系学生のエントリーを森北出版は待っている。

《森北出版で活躍している理系女性インタビューはこちら》
募集職種/部門
理工学系専門書の企画・編集
仕事内容
著者と編集者の二人三脚で1冊を仕上げます。著者のお書きになった原稿に、編集者から様々な提案をし、本の完成を目指します。その提案には、あなたの読者経験が役立ちます。またマーケティングや広告宣伝も考えながら仕事を進めます。本が完成し、書店に並んだところを見て得る達成感、あなたにも味わっていただきたいです。

≪企画・編集職≫
ー仕事の流れ―
市場ニーズや既刊物を調査

テーマや切り口を企画し、著者を探す

社内で企画の承認を得て制作開始

スケジュール調整

原稿確認

ページレイアウト、デザイン(表紙デザインや印刷は外注)

完成
給与
2017年4月 初任給

博士了:月給26万4,000円
修士了:月給24万3,000円
学部卒:月給21万3,000円
諸手当
◆残業手当
◆出張手当
◆役職手当
◆家族手当
◆交通費全額支給
賞与・昇給
◆賞与 年2回(6月・12月)
◆昇給 給与改定 年1回(4月)
勤務地
東京都千代田区富士見1-4-11
各線「飯田橋」駅より徒歩5分~9分
(転勤はございません)
就業時間
9:00~17:00(実働7.0時間)
休日・休暇
◆完全週休2日制(土・日)、祝日
◆夏季休暇、年末年始休暇
◆有給休暇(初年度10日/最大20日)
◆慶弔休暇
※年間休日124日以上
福利厚生
◆社会保険完備(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)
◆退職金、65歳までの雇用延長制度
◆財形貯蓄
◆出版健保組合保養所利用可(ハワイ、京都、軽井沢、日光、ほか)
◆服装は自由
教育制度
新入社員研修後、外部セミナーで編集の基礎を学びます。その後は先輩編集者のもと、マンツーマンで実践的スキルを身につけるOJTに入ります。
2~3年後には、自分のアイデアを活かして、 自分で一冊の本を担当できる編集者になっていることを期待しています。思いついたアイデアを企画にし、積極的に提案してください。 新入社員でもベテランと同じ土俵に立ち、企画を実行できます。
応募資格
◆対象専攻(学科)
 機械工学、電気・電子工学、情報工学、建築・土木工学

業務上、当社の指定する専攻(学科)出身であること、
当社のインターンシップ参加が必須条件です。
こんな人に来てほしい
◆自律的に動ける方
基本的には、一人で一冊を担当し仕事を完結します。自分で考えて実行に移すことができる方を求めています。
◆アカデミックな仕事がしたい方
著者は大学の研究者や世界をリードするエンジニアです。 著者とは一対一で向き合うので知的な刺激のある職場です。
◆知識欲、探究心が旺盛な方
新しいことに挑戦したり、疑問をそのままにしない「追求する姿勢」が強い方が活躍しています。
募集人数
若干名
採用実績校
大阪大院、お茶の水女子大、京都大院、慶應義塾大院、神戸大院、筑波大、東京大院、東京工業大院、北海道大院 など(50音順)
選考プロセス
エントリー

1DAYインターンシップ

適性検査

記述試験

面接試験(複数回予定)

内々定(3月中旬予定)
お問い合わせ
森北出版株式会社 (採用担当) 菅井陽子

〒102-0071
東京都千代田区富士見1-4-11 九段富士見ビル
TEL:03-3265-8341(代表)
応募締切
2018年2月18日締切
雇用条件
正社員(試用期間3ヶ月/待遇、業務の変更なし)