株式会社日本政策投資銀行

変革の時代をリードし続ける
オンリーワンの金融機関

詳細を読む

DBJ(Development Bank of Japan)は日本における唯一の総合政策金融機関として、戦後復興、高度経済成長、都市再開発、環境対策、事業再生、金融資本市場強化等、それぞれの時代の社会的課題に対して、金融面から日本経済をサポートしてきた。

プロジェクトファイナンス、PFI(Private Finance Initiative)、DIPファイナンス(事業再生ファイナンス)等、同行は本邦初のファイナンススキームを先駆的に開発しており、日本の産業・金融界に果たしてきたその役割は非常に大きいものといえる。

少数精鋭主義を貫く同行では入行後約3カ月にわたる財務分析研修をはじめ、金融・経済分野で各界の第一人者を招いて専門知識を学ぶ「金融アカデミー」、海外留学や外部機関への派遣等、人財育成にも注力している。

同行は2008年10月に特殊法人から株式会社化(政府100%出資)し、組織変更にあたって「金融力で未来をデザインします」を企業理念とした。従来より培ってきたお客様との関係と高度な金融技術・リスクコントロールのノウハウを生かし、融資・投資・アドバイザリーからなる「投融資一体型の金融サービス」を提供することで、中長期的な観点から日本の豊かな未来づくりに貢献していく。
募集職種/部門
■総合職
課題解決型のファイナンス業務、投融資審査業務、M&A等アドバイザリー業務、地域戦略企画業務等、多様な業務に通暁し、その経験を踏まえた自らの専門性をもって広く社会に貢献することを目指します。

■業務職
総合職の事務サポート等を中心に、投融資業務やアドバイザリー業務、調査業務など、様々なフィールドで当行業務基盤を支えて頂きます。原則転勤はありません。
採用予定勤務地:札幌、仙台、東京、大阪、高松、福岡、鹿児島
仕事内容
■融資
お客様の多様化する資金調達ニーズに対応したファイナンス
■投資
お客様の抱えるさまざまな課題に対して、長期的視点に基づいたリスクマネー供給
■コンサルティング/アドバイザリー
お客様の競争力強化、国際化、地域経済の活性化などに寄与するプロジェクトについてアドバイザーとしてサポート
給与
大卒/月給205,000円(2018年4月初任給予定)
大学院卒/月給230,000円(2018年4月初任給予定)
諸手当
通勤費全額、昼食費補助など
賞与・昇給
年2回(6月、12月)・年1回
勤務地
支店10カ所、事務所8カ所、海外駐在員事務所1カ所 、現地法人3カ所
就業時間
8:55~17:10
休日・休暇
完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、年次有給休暇、各種特別休暇など
福利厚生
施設:独身寮・社宅など
教育制度
少数精鋭主義を貫く当行では、全員がその役割を十分に発揮できるよう、人財育成に力を入れています。
 ・研修:導入研修、財務分析研修、法律研修、階層別研修等
 ・国内派遣:各官庁、民間企業等
 ・海外派遣:大学院留学、海外トレーニー等
応募資格
2019年3月までに4年制大学または大学院を卒業・修了見込みの方
但し、当行役職員の配偶者・子女・兄弟姉妹の関係に当たらない方
こんな人に来てほしい
日本社会の豊かな未来づくりに貢献したいという高い志を持った方のご応募をお待ちしております。
お問い合わせ
人事部 03-3244-1800
応募方法
下記「詳細を見る」ボタンより、日本政策投資銀行の採用HPにリンクいただき、エントリーしてください。
応募締切
詳細なスケジュールは、日本政策投資銀行の採用HPにてご確認ください。
雇用条件
正社員 ※試用期間6カ月(待遇の変更なし)