森北出版株式会社

広大な「知」の世界に、人生を通して向き合う仕事。

詳細を読む

「科学技術の発展に貢献したい」という想いを抱き、理工学系専門書の出版編集を手掛けている森北出版。1940年の創業以来、理解しやすく、実践的で、体系化された情報を、次世代の科学の担い手に提供し続けてきた。発行している専門書の領域は、機械工学、電気・電子工学、情報工学、土木工学、建築学、数学、物理学、化学など多岐にわたる。特に工学系では高いシェアを誇り、多くの学生が同社の書籍を手にしている。

出版社というと文系職のイメージが一般的かもしれないが、同社の書籍を生み出す編集者の多くは理系出身だ。学生時代に培った専門知識はもちろん、課題設定・解決能力、専門書を読み込んだ読者視点といった様々な理系のバックグラウンドを持つ社員が集まるからこそ、高度で良質な専門書を世に送り出し続けられている。

「出版社で理系のバックグラウンドがどう活きるのか」興味を持った理系学生に向けて、森北出版では企画・編集職の仕事のエッセンスを体験できるインターンシップを開催する。書籍の企画を考えることを中心とした実習がメインで、実際に編集者として活躍する理系の先輩社員からのレクチャーもある。仕事内容を理解するだけでなく、知的好奇心も満たせる充実した内容だ。科学者やエンジニアの知の礎となる書籍をあなたの手で生み出し、科学技術の発展に貢献する。そんな仕事に関心をもった理系学生は、ぜひ森北出版のインターンシップに参加してみてほしい。

《森北出版の採用情報はこちら》
《森北出版で活躍している理系女性インタビューはこちら》
募集職種/部門
理工学系専門書出版の仕事を体験する 1DAYインターンシップ
プログラム内容
みなさんが授業や研究で使っている書籍の多くは、理系出身の編集者が作っていることをご存じですか?理系のバックグラウンドを活かして企画や編集に携わるからこそ、作れる本があります。
編集者は実際にどんな仕事をしているのでしょうか。少しでもそんな疑問をもっていただけた方のために、森北出版では1DAYインターンシップを開催します。

とはいえ、本を作るのには長い時間がかかるもの。短期間で体験してもらうのは残念ながら困難です。

今回は、
◯理工学系出版という仕事のなりたち
◯本を作るときに編集者は何を考えるか
◯編集者が専門書に与える付加価値とは何か
を理解してもらうことをめざし、レクチャーと模擬実習を行います。

専門書づくりに通底する考え方に触れるとともに、その醍醐味を感じていただければ幸いです。

【1DAYインターンシップ予定】
・業界と仕事の説明
・仕事疑似体験(専門書の企画/マーケティング)
・先輩社員との交流
・オフィス見学
・質疑応答
待遇
報酬◇なし(ただし昼食、飲み物などご用意いたします)
交通費◇自己負担
実施場所
森北出版株式会社

東京都千代田区富士見1-4-11 九段富士見ビル
JR、地下鉄各線「飯田橋」駅より徒歩5分~9分
実施期間
【開催日程】
2018年1月18日、26日、31日
    2月8日、16日、21日

※いずれの日程も同じ内容です。
応募資格
2019年3月に卒業/修了予定の大学生・大学院生
【対象学部・専攻】 
◇機械工学 ◇電気・電子工学 ◇情報工学 ◇建築・土木工学
※上記以外の方は、エントリーをお受けできません。
募集人数
各回4名程度
※応募者多数の場合は、書類選考を実施します。
お問い合わせ
森北出版株式会社 (採用担当) 菅井陽子

〒102-0071
東京都千代田区富士見1-4-11 九段富士見ビル
TEL:03-3265-8341(代表)
応募方法
下記[エントリーする]ボタンをクリックいただくと、【ご応募について】という件名のメールが届きます。そちらの内容に従って本エントリーを終えてください。
※下記[エントリーする]ボタンのクリックのみではまだエントリーは完了していません。
応募締切
2018年2月18日締切
※応募者多数の場合は、書類選考を実施します。