経済産業省

日本を動かし、世界で戦う
理系だから持てる視点、解ける課題がある

詳細を読む

経済産業省はその名の通り、日本の経済・産業を活性化させ、社会を豊かにするための政策の企画・立案・実行をする組織。取り組む課題は、エネルギー・環境からロボット、AI・IoT・ビッグデータ、バイオ・ヘルスケアまで、経済に関わる全ての分野にまたがる。国益をかけた国際交渉、産学連携、中小企業・地域活性化まで、より良い社会を創るためには業務に限界は定めない。

社会を変える鍵は、紛れもなく技術。しかし、技術が社会に実装されない限り、社会は良くならない。だからこそ、技術と社会を繋げる人材、技術も行政も操れる人材が求められている。理系の活躍フィールドは、技術者だけではない。理系としての専門性や理系的思考を活かしつつ、国家公務員として広い視野と使命感を持ち、日本の産業・人々の暮らしを豊かにする「仕組みづくり」をしてほしい。

経済産業省が理系学生に期待するのは、専門性はもちろん、研究を通じて培ってきた分析力や問題解決能力だ。国民がこの先10年20年と安心して豊かに暮らせるように、日本のみならず世界を舞台に、その能力を活かしてイノベーション政策や環境・エネルギー政策などの国家戦略を一緒に作り上げていってほしい。
募集職種/部門
・総合職(事務系、技術系)
・一般職(事務系、技術系)
仕事内容
研究開発、産学連携、ものづくり、エネルギー・環境、知的財産、貿易など幅広い政策の企画・立案・実施に取り組み、経済社会全体の仕組みそのものをデザインする。理系出身、文系出身に関係なく多様な部署を経験し、国家予算の企画・立案や法律・税制改正に携わる。
<主な政策分野>
●個別産業政策
自動車、航空機、AI・IoT・ビッグデータ、バイオ・ヘルスケアなどといった個別の産業について、技術開発支援や規制・制度改革など。
●エネルギー・環境政策
石油などエネルギー資源の権益獲得、省エネルギー・新エネルギーの推進、火力・水力・原子力・再エネ等のベストミックスによる安定供給の確保、地球温暖化対策、資源リサイクルなど。
●経済産業政策
経済構造改革の推進(税制、資金調達、M&A、企業の人材育成、競争法)、新たな産業を産み出す環境整備など。
●対外経済政策
TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)、WTO(世界貿易機関)交渉などの多国間協議、EPA交渉などの二国間協議、または国際投資・貿易に関する諸外国との制度整備など。
●中小企業・地域経済産業政策
日本経済の屋台骨となっている中小企業を支援し、 新事業が次々と展開される産業集積(クラスター)の形成による地域の経済活性化など。
給与
初任給(月給)
総合職:院卒者試験 246,772円/大卒程度試験 218,216円
一般職:大卒程度試験 209,156円
※この他、以下諸手当を支給。
諸手当
通勤手当、残業手当、扶養手当、住居手当、期末手当、勤勉手当(ボーナス) 等
賞与・昇給
能力主義の人事を徹底。優秀な職員は、入省年次や総合職・一般職の別に関わらず早期登用されるケースもあり、給与にも反映。
勤務地
主として東京都千代田区霞が関
※希望に応じて地方(地方経済産業局、地方自治体、民間企業等への出向)や海外(在外公館、国際機関等の勤務、留学)勤務も可能。
就業時間
標準労働時間:7時間45分/日
休日・休暇
土曜日、日曜日、祝日、年次休暇(20日/年<初年15日>、最大40日まで翌年繰り越し)、病気休暇、特別休暇(夏季・年末年始・結婚・出産・忌引き・ボランティアなど)、介護休暇
福利厚生
社会保険完備(雇用・健康・厚生年金・労災)、公務員宿舎(独身寮、世帯用住宅)、育児休暇(子が3歳に達する日まで、男女問わず取得可〈特別な事由がある場合を除く〉)、育児・介護支援、診療所など
教育制度
常時、数十コースの語学研修、法律・経済に関する実務知識習得、実際の民間企業・自治体等での現場研修など、研修制度、海外留学、海外勤務、民間企業への出向といった職員が成長する機会を多く設けている。責任ある大きな仕事は若手に任せ、挑戦させ、成長させるという組織文化があり、自由闊達な議論やチャレンジが奨励・評価される。
応募資格
平成30年度国家公務員総合職または一般職試験に合格した方
または、平成28年度、平成29年度に実施した国家公務員総合職および一般職採用試験に最終合格した方
こんな人に来てほしい
日本をより良くしたいという情熱をもって、自ら考えリーダーシップをとって行動する方。
選考プロセス
・国家公務員総合職または一般職試験に合格後、平成30年度の採用面接(官庁訪問)による選考を実施。総合職は6月(前年度既合格者向け)及び7月、一般職は8月を予定。
・国家公務員試験の合格順位、試験区分、学歴に関係なく、人物本位の選考。
お問い合わせ
経済産業省 大臣官房秘書課 技術系採用担当
〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1
TEL:03-3501-1608
E-mail: recruitech@meti.go.jp
【採用ページ】
http://www.meti.go.jp/information/recruit/index.html
応募方法
詳細は、下記[詳細を見る]ボタンより当省HPを参照
雇用条件
常勤職員